「竹ちゃんのおしゃべりサロン」改題
        竹ちゃんの情報ファイル  

4月26日
半田市長選情報

榊原すみお氏の後援会チラシ

☆同氏の知人から、榊原すみお氏の後援会チラシを入手した。
半田市長として、これまでの8年間の実績がこと詳細に述べられている。


 

 
4月25日
他地域市長選情報

「愛西を次代に良い形で」
市長再選の日永さん抱負

◎「愛西市を次世代にに良い形でバトンタッチしたい」。23日に投開票された愛西市市長選で、大差で再選された日永貴章さん(43)は言葉に力を込め、市内の事務所に集まった支援者に二期目への決意を語った。








(竹内こうじ半田市議 facebookより)
4月24日
地域情報 

島を去る恩師見送る
篠島の小中学校で離任式

◎南知多町篠島の小中学校で19日、島外の小中学校に転任した教職員9人の離任式があった。港では児童生徒、保護者ら150人が盛大に見送った。

4月23日
街かど情報

白モッコウバラ 愛の形
半田・小栗家住宅 22日から一般公開

◎半田市中村町の子に登録有形文化財「小栗家住宅」で22日から、市天然記念物「萬三の白モッコウバラ」が一般公開される。30日まで。

4月22日
赤煉瓦倶楽部半田情報

半田で見る全国の赤煉瓦建物
きょうから特別展 「建築番付」も紹介

◎半田市榎下町の半田赤レンガ建物で21日、同建物の保存活用を進める赤煉瓦倶楽部半田のメンバーが22日からの特別展全国赤煉瓦たてものぶらり旅」の準備に追われた。特別展は5月21日まで。




 

 

 

 
4月21日
半田市長選情報

☆5月28日告示、6月4日投開票される半田市長選の立候補予定者説明会が18日、市役所であった。
これまでに立候補を表明している現職と新人の計3陣営のほか、市内の男性が参加。市選管、半田署から選挙活動の注意点などの説明があった。




「竹ちゃん」がこれ迄に得ている情報によれば、立候補予定者は、次の4名である。
◎榊原純夫氏(67歳 星崎町) :現職
◎浅野麻里奈氏(37歳) 半田病院のあり方を再考する会会長、内科医師
◎松井秀樹氏(67歳 白山町) 半田住民自治協働ネットワーク代表 元銀行員
◎長野俊夫氏(73歳 天王町) 元川崎製鉄(現JFE)社員
☆山本博信氏(前半田市議)も当初、立候補が噂されていたが、説明会には出席せず断念した様子。



↓ 浅野まりな氏の選挙チラシ
 

☆知人から、浅野まりな氏の選挙チラシを入手した。
このチラシを読んで感じることは、これ迄、政治に関わったことの内科医師が、これほどの「討議資料」を作成するとは、失礼ながら思えない。市政に精通している人しか書けない内容、と云うのが、もっぱらの噂である。ゴーストライターは、さて誰か?
4月20日
中日知多版コラム

ちた歩記
アサリのいない浜
内海通信部・大槻宮子


4月19日
博物館催し情報

伝統工芸 特徴色濃く
半田市立博物館で知多半島の作家展

◎知多半島で活動する工芸作家29人の作品展「知多工芸展」が半田市桐ヶ丘の市立博物館で開かれている。6月4日まで。
5月7、14日の午前10時から午後3時まで、出品作家の茶わんを使った呈茶会を開く。参加費500円。

4月18日
街かど情報

甘酒製造 専用ラインを増設
中埜酒造 人気の高まりに対応

◎中埜酒造(半田市東本町)が甘酒製造専用の充填ラインを本社1階の第二工場に増設した。甘酒は女性を中心に全国的な人気を呼んでおり、新設ラインの導入で年間3240kl(648万本分)の製造が可となる。

4月17日
街かど情報 


コマ全国大会で優勝を報告
◎横浜市で1日に開催された「全日本製造業コマ大戦 G1 Japan Cup 2017」で優勝した半田市川田町の機械部品加工「カジミツ」の松宮政美代表(50)が10日、市役所で榊原純夫市長に喜びを報告した。

4月16日
イベント情報

いいかも!半田 端午の節句
はんだ蔵のまち端午の節句







赤煉瓦倶楽部半田 特別展「全国の赤煉瓦建物ぶらり旅」
~文明開化の象徴とされた貴重な赤煉瓦建物を辿る~
4月22日(土)~5月21日(日)
半田赤レンガ建物 企画展示室


4月15日
展示会情報

山車模型 精巧な彫刻
半田・亀崎 きょうから「立川展」

◎江戸時代の代表的な宮彫りの流派、立川流の彫刻を紹介する企画展「第18回 立川展」が15日から半田市亀崎町の立川美術館で開かれる。5月7日まで

 
4月14日
山車まつり 春まつり情報 

雨の中 山車巡行勇壮に
半田4地区 春の祭り、神子舞も

◎半田市の4地区(上半田、岩滑、岩滑新田、鴉根)て8日、春の祭りが繰り広げられた。時折、雨が降る悪天候で中止になる行事もあったが、若者たちの勇壮な掛け声とともに山車が街中を巡行し市内は祭り一色となった。

4月13日
街かど情報

半田の児童に
富山の雪届く

乙川東小

◎半田市乙川東小学校に8日、富山県南砺市平地区から大量の雪が届き、児童が雪遊びを満喫した。
乙川東小と南砺市平地区は20年以上前から交流を続けており、雪のプレゼントは毎年恒例のイベント。



「4月8日撮影」 ↓
4月12日
半田市政情報

半田病院 移転先変えず
市発表 「市職員駐車場」採用

◎半田市率半田病院の移転先再検討を求められていた市は11日、半田赤レンガ建物東土地(榎下町)は適切でないと判断し、従来通りに市職員駐車場(東洋町)に建てると発表した。2022年度中の開業を目指す。榊原純夫市長が定例会見で説明した。

4月11日
山車まつり 春まつり情報

祭人の季節 各地に熱気
「ごま」山本の元へ
半田・亀崎

◎5月3、4日の両日に控える半田市亀崎地区の亀崎潮干祭に向け、5両の山車のごま(車輪)を干潟から取り出す作業が9日、同市日東町であった。

4月10日
中日知多版コラム 

デスト席から
アサリの不漁

半田支局長・都築修





中日「ちた特報」
~ニュースのつぼ~


常滑、美浜の2漁協 今年も潮干狩り中止
育たぬアサリ 回復遠く

◎知多半島の伊勢湾側で潮干狩り会場を運営する野間(美浜町)、小鈴谷(常滑市)の2漁協が、今年も潮干狩りの開催中止をきめた。アサリの稚貝をまいても育たないのが理由で、両漁協の中止は3年連続。各漁協は手探りで対策を講じているが明確な原因が分からず、回復の兆しは見えていない。

 4月9日
 街かど情報

亀崎の歴史 歩いて知って
半田 住民団体が「ふるさとマップ」製作

◎江戸時代から明治にすけて海運と醸造で豊かな富を誇った半田市亀崎地区のまち歩きに使ってもらおうと亀崎郷土文化協議会が「亀崎ふるさとマップ」(A4判、見開き)を製作した。1万部印刷し、地区の施設や店舗で無料配布する。

4月8日
街かど情報 

雁宿のさくら 見頃到来
半田

◎桜の名所として知られる半田市の雁宿公園は6日、花見を楽しむ学生や家族連れでにぎわった。
約千本とされるソメイヨシノやヤマザクラの多くが3~5分咲に。市によると週明けに満開となる見込み。




乙川白山公園の桜

 

 
4月7日
プライベイトルーム 

東海ラジオ FINE DAYS きくち教児の楽気!DAY
に、歌手 杜 このみ ゲスト出演 

一昨日、馴染みのスナック(名古屋市中区栄3丁目)に、東海ラジオのパーソナリティ きくち教児が来店していた。4月7日放送の東海ラジオ番組「FI NE DAYS きくち教児の楽気!DAY」に、3月22日に新曲「残んの月」を発売した、歌手 杜 このみが、ゲスト出演するということであった。
ラジオを聴くのも久しぶりである。2時10分から約20分、きくち教児と杜 このみ のトークがあった。トークの終わりに、新曲「残んの月」の披露した。
《追記》
そもそも、この話のきっかけは、スナック「恵●●」で、新曲ばかり歌う常連さんがいて、この日も、杜このみの「残んの月」を歌っていた。この歌を聴いていた、きくち教児さんが、そのお客さんに、「4月7日の東海ラジオの番組(FINE DAYS きくち教児の楽気!DAY  1時~4時放送)に、杜このみさんがゲストで来られ、この歌を歌われます」と話しかけられた。
偶然なことは二度ありで、そのお客さんと、きくち教児さんは、高校が東海市横須賀高校(東海市)卒業であるということが分かった。横須賀高校は、知多半島では、進学校として著名である。
ついでながら、きくち教児さんと一緒に来られた仲間の人は、皆、横須賀高校卒ということであった。



 

 


 4月6日
 名古屋情報

「揚輝荘」 華麗な歩み
名古屋・千種 開設100年で企画展

◎松坂屋の初代社長、伊藤次郎左衛門祐民(1878~1940)の旧別邸「揚輝荘」(名古屋市千種区)で、企画展「揚輝荘百年の歴史」が開かれている。今年で解説100年目となるのを記念した事業の第一弾。政財界の要人らが集まった華麗な歩みを伝えている。

 4月5日
 街かど情報

半田市向山区 シニアクラブ向山寿会
平成29年度 総会及び観桜会
4月2日 向山公民館ホール






 

 

 
4月4日
祭り情報

ユネスコ登録 祝う行列
潮干祭舞台の亀崎で幼児ら

◎昨年12月に国連教育科学文化遺産に登録された亀崎潮干祭が催される半田市亀崎町の神前神社で2日、登記を記念する稚児行列があった。

4月3日
山車まつり 春まつり情報

駆ける馬にしがみつけ
半田 伝統の神事で若衆勇姿

◎駆け回る馬しがみついて併走する駆馬神事が2日、半田市平地町の平地神明社であり、若衆の勇姿が地元民らを魅了した。

4月2日
中日知多版コラム

デスト席から

半田支局長・都築修


4月1日
 街かど情報

地域の安全 守りま「酢」
ミツカンが啓発品を提供

◎ミツカン(半田市)は、警察のキャンペーングッズにと、県交通安全協会半田支部などに自社の酢製品を提供した。半田署が酢にかけたユニークな標語を製品に付け、春の交通安全運動などで参加者に配る。

3月31日  中日知多版 ふれあい広場 

小栗風葉をひろめる会
文学講演会と総会
演題「半田の明治以降栄枯盛衰」
講師 郷土史家 市野忠士氏
4月2日 雁宿ホール






3月30日 市政情報 

耐震診断  5建築物に問題
自治体や企業 対応策は?

◎県などが28日に初公開した「要緊急安全確認大規模建築物」の耐震診断結果で、知多半島内では5建築物が「震度6強以上の地震」での耐震性に問題があるとされた。所有者には耐震改修は義務付けられないが、改修や補強が県から促される。各建築物の現況と対応などは次のようだ。

3月29日  半田市政情報

半田病院移転先 中日新聞読者アンケート
「適地」意見割れる

◎半田市が建て替えを毛邸画している市立半田病院の移転先について、中日新聞は市民アンケートを行い、136人から回答を得た。市が建設地として打ち出した市職員駐車場(東洋町)を選んだ人は4割に満たない一、市民団体が対案した半田赤レンガ建物(榎下町)周辺の市有地も賛同者は15%。その他を望む声も少なくなく、適地を思い悩む市民の姿が浮き彫りになった。

3月28日  中日知多版 ふれあい広場 

半田市観光ガイド協会
平成29年度 観光ボランティァガイド 養成講座
受講者募集




3月27日  展示会情報 

プロレス史 刻む逸品
東海市 蟹江さん ベルトなど展示

◎東海市荒尾町のプロレス愛好家、蟹江敦さん(50)が自慢のコレクションを披露する「プロレス博物館展」が4月9日まで、同市荒尾町蜂ケ尻の市平洲記念館・郷土資料館で開かれている。
同館の「わが家の、わたしの宝物展」の一環として毎年開く恒例の展示。

3月26日  催し情報 

日本舞踊 歌謡舞踊
内田流
第1回 縫井会(ほうせいかい)
5月21日(日) アイプラザ半田


3月25日  半田市政情報

半田市異動289
◎半田市は24日、4月1日付の人事異動を発表した。総数は2016年度より19人減の289人。

 3月24日 半田市政情報 

「適切」「課題」意見を集約
半田病院建設地で検討会議

◎老朽化のため建て替えを計画中の半田市立半田病院の建設地について、半田赤レンガ建物周辺土地(榎下町)の適否を検討する会議の最終回が23ひ、半田病院で開かれた。
有識者、医療関係者らで構成する委員9人が出席。これまでの会議で出た意見を基に、病院建設の観点から見た半田赤レンガ建物東側土地について「適切」「課題」の二点をまとめた。

 3月23日 新美南吉記念館情報 

没後74年 南吉しのぶ
半田 記念館で「貝殻忌」式典

◎半田市出身の童話作家に新美南吉(1913~43年)の没後74年をしのぶ「貝殻忌」式典が22日、同市の新美南吉記念館であった。



 3月22日 街かど情報

クラシティに付箋アート

◎半田市広小路町の再開発ビル「クラシティ半田」の商業エリア(1、2階)が31日に再開することを記念し、若者有志が3階西側の窓を付箋アートで彩っている。

3月21日  街かど情報 

田市指定有形民俗文化財
 1767年(明和4年)建造 知多地方で最も古い館
向山獅子館 平成の大改修
春まつり 例大祭で供覧


 
↑ 修復前                     ↑ 修復後

 


☆修復までの経由(関係資料))

 

 
3月20日  山車まつり 春まつり情報 

半田市向山区 春の祭り 例大祭

「直来神事」(山元・向山公民館)



「神楽獅子の舞」奉納



「飛びつき太鼓」披露



「子供みこし」「鯛餅車」
※3台の子供みこしと、鯛餅車


「餅投げ」

※約1万個の餅が投げられた

 
 3月19日 山車まつり 春まつり情報

春の山車 勇ましく
半田で「乙川祭り」始まる

◎「よいさあ」「わっしょい」。男衆の勇ましい掛け声が響き、土ぼこりを上げて絢爛豪華な山車が行く。半田市乙川地区で18日に始まった乙川祭り。青空が広がり、大勢の人が繰り出した町内は祭りばやしに包まれた。
乙川八幡社に4両の山車を順に引き入れる「坂上げ」が見どころの一つ。 




向山神楽 「飛びつき太鼓」 乙川八幡社で披露
☆乙川祭りの山車4両が「坂上げ」で終え、乙川八幡社に勢ぞろいした昼頃、境内に於いて、向山神楽 「飛びつき太鼓」の披露があった。今年で8回目となる。

 

 
 3月18日 山車まつり 春まつり情報 

山車の季節 各地に到来
18日 乙川祭りで幕開け




山車祭りの日程

 3月17日  
 3月16日  
3月15日   
3月14日 カブトビール情報 

半田生まれ「カブトビール」
戦前の味 街に活気を
ゆかりの納屋橋で提供

◎戦前、ビール四大銘柄に匹敵する人気を誇った愛知県半田市生まれの「カブトビール」。その復刻版を飲める店が、かってカブトビール名古屋支店のあったゆかりの地、名古屋市中村区の納屋橋に近くオープンする。復刻に尽力した半田市の有志も「魅力と歴史を伝える新たな拠点に」と期待を寄せる。


3月13日  東日本大震災「6年」知多半島情報


ピアノの音に復興願う
半田でチャリティ音楽会

◎半田市を拠点に、東日本大震災の復興支援をしている団体「ほほえみの会」が12日、市内のアイプラザ半田でチャリティコンサートを開いた。会場は市民ら600人で満席となり、復興を願う人たちでにぎわった。

3月12日  ふじまり情報 

藤川まり子と行く日帰りバスツアー
大自然に囲まれた
開放感溢れるお風呂でのんびりと・・・・

南木曽温泉にて 藤川まり子ライブ♪歌謡ショー
3月12日(日)




 

 

 
 3月11日 東日本大震災「6年」知多半島情報 

福島の子を知多半島に
26日から保養キャンプ 支援金、食材寄付募る

◎東京電力福島第一原発事故で放射線の影響を受けた福島県伊達市霊山町小国地区の子どもたちが26日から4月2日まで、知多半島でリフレッシュのための保養キャンプをする。主催するグループは「子どもたちに思い切り遊んでもらいたい」と話している。支援金や食材の協力も募っている。




災害時 景観に食料
半田署とパチンコ店「有楽グループ」が協定締結

◎東日本大震災が発生した11日を前に半田署は10日、知多半島を中心にパチンコ店を経営する「有楽グループ」(
武豊町)と大規模災害発生時の支援協定を結んだ。
半田署管内の半田市、武豊町にある同グループの8店舗の景品用カップラーメン系600食を、災害時に県内から駆けつける警察応援部隊に提供する。

3月10日  街かど情報 

今年の新酒 良い香り
知多半島6蔵元きき酒

◎半田市銀座本町の半田商工会議所で8日、知多半島の酒造会社でつくる半田酒造協同組合の新酒のきき酒があった。
組合の中埜酒造と盛田金しゃち酒造(半田市)、澤田酒造と盛田(常滑市)、丸一酒造(阿久比町)、原田酒造(東浦町)の6蔵元が61点を出品。名古屋国税局の監査官ら3人が新酒口に含み、味や香りを審査した。

3月9日  中日知多版コラム

デスト席から
はじめまして
半田支局長・都築修


3月8日   街かど情報

日本酒 ワイングラスで
半田 中埜酒造2製品が最高金賞

◎中埜酒造(半田市)の日本酒2製品が「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017」のメイン部門で最高金賞に輝いた。入賞率5・6%という狭き門での受賞に、担当者は「日本酒の新たな魅力発信につなげたい」と力を込める。
受賞したのは同社の「特選國盛 純米吟醸 半田郷 酵母1801」と「特選國盛 彩華 大吟醸」。

3月7日  街かど情報

空き古民家改修 見学
半田 亀崎小児童が事業学ぶ

半田市亀崎地区の空き家対策事業を児童に紹介する催しが26日にあり、子ども太刀が改修中の古民家の様子を見学した。
地元の亀崎小学校で防災活動を続ける「亀っ子防災隊」の4~6年生系14人が参加。

3月6日   街かど情報

「カガシヤ」オープン
半田 テープカットで祝う

◎空き店舗を活用した地域交流施設「まちづくりステーション『カガシヤ』」が25日、半田市銀座本町4に開所し、地元の関係者がテープカットをして祝った。半田商工会議所がJR半田駅前に賑わいを取り戻そうと、閉店した喫茶店「カガシヤ」の建物を改装した。喫茶店の店主が歌手の尾崎豊さんのいとこだったことから、オープニングイベントでは駅前商店街振興組合の大槻俊介さん(34)が尾崎豊さんの「I LOVE YOU}など3曲を熱唱した。




南吉ゆかり カガシヤ再生
半田 地域交流施設が開所

◎半田商工会議所は25日、半田市銀座本町4の建物を地域交流施設「まちづくりステーション『カガシヤ』」として開所する。7年ほど前に閉店した喫茶店「カガシヤ」のあった建物で、現地に移転する前のカガシヤには市出身の童話作家新美南吉(1913~43年)も通ったとされる。再び住民が寄り合う場を目指し、25、26の両日はお披露目を兼ねたキネンイベントがある。

3月5日   春のお祭り情報

おでかけガイド 「祭」


3月4日  街かど情報 

移転候補地の再考を
半田病院 市民団体、議長に要望書・署名提出

◎半田市立半田病院の建て替え計画をめぐり、市民らでつくる「はんだ住民自治協働ネットワーク」が3日、滋賀候補地とする市職員駐車場(東洋町)への建設に反対し、再考を求める要望書と署名を市議会の沢田勝議長に提出した。
団体の松井秀樹代表(67)=白山町=によると、署名は2767人分で、昨年8月19日~3月2日までに市内外で呼び掛けた。

3月3日  半田市議会情報 

平成29年第1回半田市議会定例会

市政に関する一般質問
 (質問者)



きのうの議会(中日知多版)



 3月2日 半田赤レンガ建物情報 

赤レンガ
春の収穫祭

3月18日(土)・19日(日)・20(月・祝)


 3月1日  催し情報

平成28年度 半田市文化協会
芸能祭  雁宿ホール



☆芸術劇場

 3月19日(日)




☆作品展
 3月18日(土)・19日(日)
2月28日
ふじまり情報

おかげさまで デビュー5周年
「藤川まり子 歌謡コンサート 2017」
9月3日(日) アイプラザ半田


 
2月27日
コンサート情報

陳俊庭&小玉麻依
Joint Concrt

2017.3.11(土)  東海市芸術劇場 多目的ホール


2月26日
企画展情報 

最初の酢 酒かすから
半田 ミツカンの博物館 企画展
◎半田市中村町のミツカンミユージアム出25日、酢造りの歴史をたどる企画展「半田のお酢と江戸のすしのおいしい関係」が始まった。3月19日まで。





 2月25日
桃の節句イベント情報 

ガラスのひな人形
半田赤レンガ建物で25日から展示


◎半田市の半田赤レンガ建物で25、26日と3月4、5日、ひな祭りイベントが開かれる。ステンドグラスや吹きガラスで作った雛人形が展示される。
半田赤レンガ建物の保存活動などをする「赤煉瓦倶楽部半田」の平岡和広さん(56)と、市内のガラス工房の生徒らの作品計300点を紹介する。




 

 


ーはんだ蔵のまちー 桃の
桃の節句
2月11日(土・祝)~3月5日(日)





桃の節句 イベント情報

 2月24日
街かど情報 

赤レンガ案 概要紹介
半田病院の移転先考える

◎半田市が建て替えを計画する市立半田病院の移転問題について、市民グループが主催するシンポジウムが19日、市内の宮池会館であり、約100人賀参加した。
主催した「半田病院のあり方を再考する会」の浅野麻里奈会長(37)らが、会が建設地に提案する榎下町の半田赤レンガ建物東土地案の概要や、周辺環境と調和した北欧の病院の事例を紹介した。

2月23日
お祭り関連情

模型で山車紹介
半田市乙川

◎来月18、19日の両日に開かれる半田市の「乙川祭り」を紹介する写真や彫刻が同市乙川高良町の知多信用金庫乙川支店に飾られ、利用客の関心を集めている。



 

 
2月22日
半田の春まつり情報 

10地区の山車組 祭りばやし演奏
半田で交流会議

◎半田市内10地区の山車組が祭りばやしを演奏する知多・衣浦地区山車祭り交流会議が19日、半田市のアイプラザであった。




半田の祭りPRの
ポスターとチラシ

◎半田市は3月18日、19日の乙川祭りから、5月3、4日の亀崎潮干祭まで、半田市内17地区で繰り広げられる「半田の春まつり」のPRポスターとチラシを作った。

2月21日
写真コンテスト情報

中日新聞主催(協賛/東海東京フィナンシャルグループ:東海東京証券・東海旅客鉄道・メニコン)
山車・からくり人形 シンポジウム
「文化継承の大切さと祭りの魅力を再認識)







山車・からくり人形写真コンテスト 入選作品





2月20日
 
2月19日
 広域観光情報

五つの祭りで広域観光
半田市 6市町紹介パンフレット

◎半田市は、昨年12月に「山・鉾・屋台行事」として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された県内5つの祭礼行事と、祭りに関係する6市町を紹介するパンフレットを作った。広域観光のPRに役立てて、各市町に旅行会社との商談などに使ってもらいたい考えだ。

2月18日
市町政情報

衣浦大橋「架け替えを」
関係市町が期成同盟会設立

◎半田市と高浜市を結ぶ衣浦大橋の整備促進期成同盟会の設立総会が15日、半田市雁宿ホールであり、関係市町の首長らが橋の架け替えに向けて一致団結を誓った。今後、連携して県をはじめ関係方面へ要望していく。
衣浦港をまたぐ衣浦大橋は県事業として1956年に北側(東行き)の橋が完成し、78年に南側(西行き)の新橋が完成。北側の橋は完成してから60年以上が経過し、橋の老朽化や幅員の狭さが問題となっている。

2月17日
半田市政情報

両候補地の課題指摘
半田病院 建設先検討会議

◎半田市立半田病院の建て替え場所として、市が発表した市職員駐車場(東洋町)に加えて、半田赤レンガ建物(榎下町)東側の住宅展示場となっている市有地を検討する市の第2回会議が16日、半田病院であった。

2月16日
街かど情報

蔵開きでほろ酔い気分
常滑 盛田の工場 16年ぶり

◎清酒「ねのひ」などを生産する常滑市小鈴谷の盛田小鈴谷工場で12日、16年ぶりの蔵開きのイベントがあり、市内外の日本酒ファンが詰め掛けた。




新酒の出来を味わって
25、26日 常滑・澤田酒造 蔵開き

◎清酒「白老」で知られる常滑市古場街の澤田酒造の酒蔵開放が25、26日の両日に開かれる。試飲販売のほか、社長や杜氏らによるお酒の解説会もある。

2月15日
中日写協情報

中日写協
☆南知多支部 秋の撮影会  ☆南知多支部1月例会成績


 2月14日
 桃の節句・ひな人形情報

内田佐七家ゆかりの御殿飾りも
南知多内海
◎南知多内海の尾州廻船内海船船主内田家で、ひな飾り8組を並べた特別展示「桃の節句」が開かれている。
土日祝日限定で、3月26日まで。




ひな人形 時代ごとの様式
珍しい女性の5人ばやし
東浦 うのはな館

◎江戸時代から現代までのひな人形を展示したミニ企画展が東浦町郷土資料館(うのはな館)で開かれている。
町民から寄贈されたひな人形8組を紹介。

 2月13日
 桃の節句イベント情報

2月11日(祝)~3月5日(日)開催!!
はんだ蔵のまち 桃の節句




 2月12日
 老人クラブ情報

第22回 半田市老人クラブ連合会福祉大会
第15回  半田市高齢者交通安全総決起大会

2月10日(金) 雁宿ホール

 


半田 高齢者が決意新たに
◎半田市雁宿ホールで10日、半田市高齢者交通安全総決起大会があり、市老人クラブ連合会員ら300人が交通事故防止へ決意を新たにした。

2月11日
赤煉瓦倶楽部半田情報

2016 赤煉瓦ネットワーク 半田大会 in半田赤レンガ建物
半田赤レンガ建物~118年のあゆみ~
赤煉瓦遺産を活かしたまちづくりについて語り交流する

2016年 11月5日(土) 6日(日)実施

 

奈良少年刑務所を宝に思う会
寮 美千子さん(りょう みちこ)




書く人
「世界はもっと美しくなる 奈良少年刑務所詩集」を編集
作家・詩人 寮 美千子さん(61)


2月10日
 赤煉瓦倶楽部半田情報

復刻カブトビール 明治版・大正版 ポスター
大正版のモデル女性


 

 



☆西浦 志乃 facebook より転載
2月9日
イベント情報 

ひな人形の展示と
スイーツ食べ歩き

半田で11日から催し






 2月8日
中日写協情報 

中日写協
☆南知多支部 秋の撮影会  ☆南知多支部1月例会成績

2月7日
街かど情報 

乙川東小校区 地域ふれあい活動推進協議会
雪の「たいら」地区への旅
2月4日(土)






 

 

 
 2月6日
街かど情報 

平成29年 半田市向山区 初午祭(大祓)
2月5日(日) 市杵嶋神社


 

 
2月5日
中日知多版コラム

「デスク席から」
名物にうまいもの・・・
半田支局長・小蔵裕




※小蔵半田支局長は、2月を以って、異動される。赴任先は、春日井支局とのこと。
2月4日
中日写協情報

中日写真展
喜びの声

◎第68回中日写真展の入賞者が決まった。知多地域からは、第5部「くらしと産業写真」で、知多市の竹内康さん(68)が第1位に輝いたのをはじめ、2人が上位入賞、14人が入選した

2月3日
美術展情報

絵画や書 力作ぞろい
きょうから半田市美術展

◎絵画や書などの力作がそろう半田市美術展が3~5日、同市雁宿ホールで開かれる。
日本画、洋画、彫刻、工芸、書道、写真の6部門に317点が出品される。



2月2日
半田市政情報

徘徊高齢者 捜索に発信機
地元企業のシステム 半田市が無料貸与

◎認知症で徘徊する高齢者の早期発見につなげようと、半田市は2月から、市内の加藤電機が開発した居場所特定システムの機器を市民に無料で貸し出す。知多半島では6市町で有料貸し出しはあるが無料は初めてで、半田市の機器は屋内にいても探知できるのが特徴。

2月1日
 地域情報

掛け軸に囲まれ念仏
阿久比 虫供養に向け寒干し

◎県指定無形民俗文化財「阿久比谷虫供養」で飾る掛け軸の寒干し念仏会が29日、阿久比町中部公民館で営まれた。

 1月31日 音楽祭情報 

春の国際音楽祭 開幕
知多半島各地 311の公演

◎知多半島春の国際音楽祭が28日、知多半島全域で開幕し、常滑市の中部国際空港でオープニングセレモニーがあった。音楽祭は3月12日まで、各地で計311のコンサートが開かれる。



1月30日   半田赤レンガ建物情報

希望の種子
持続可能性のビジョンと変革へのステップ
2月3日(金)~5日(日)


1月29日   名古屋 街かど情報

旧支店近くで「復刻」
カブトビール 名古屋でも
来月開店のバー「街誇るきっかけに」

◎明治から戦前にかけて半田市で製造されたカブトビールの復古版を飲めるバーが、カブトビール名古屋支店があった名古屋市の納屋橋のたもとに2月下旬にオープンする。愛知発のカブトビールは全国の4大ビールに挑んだ歴史があり、バーを開く高山額縁店代表の高山大資さん(44)は「地元ゆかりのビールを仕事帰りなどに飲んだ愛知や名古屋に愛着や誇りを持つきっかけにしてほしい」と意気込んでいる。

1月28日  絵画展情報 

半田運河の情景 多彩
旧中埜半六邸で絵画展始まる

◎半田運河周辺の風景を描いた絵画展が27日、半田市中村町の旧中埜半六邸で始まった。22日まで。
豪商屋敷だった半六邸を運営するNPO法人「半六コラボ」が、運河沿いの景観に愛着を持ってもらおうと企画。市内外から集まった34点を展示している。作品は、半田市出身の日本画家間瀬静江さん(67)=横浜市=が審査し、各賞を決めた。



 

 

 

 

 
1月27日   
 1月26日  イベント情報

第29回 半田市公民館・区民館クラブ発表会
2月12日(日) 雁宿ホール





1月25日  街かど情報 

池田さん 簿記1級合格
半田商業高 榊原さんは「応用情報技術者」に

◎半田市の半田商業高校経理科3年生の池田知花さん(18)=東浦町生路=が、合格率1割以下の日本商工会議所(日商)簿記検定1級に合格した。
情報処理科2年生の榊原叶大さん(17)=半田市宮本町=も難関の国家試験「応用情報技術者試験」を突破した。


1月24日  祭り情報 

大漁願う炎 天焦がす
南知多 師崎港で左義長まつり

◎大漁を願って港に立てた大のぼりを焼く南知多町師崎地区の「左義長まつり」が22日、師崎港一帯であり、町民や観光客でにぎわった。

 1月23日 催し情報 

平成29年  西川流秀菊会「初舞会」
1月22日(日) 半田市率亀崎公民館 大ホール

☆私の孫も出場しました。


(竹内こうじ facebookより転載)




1月22日   地域情報

幸せ願い どぶろく仕込む
大府・長草天神社 来月の「どぶろくまつり」控え

◎大府市長草町の長草天神社に伝わる2月の「ど゜ぶろくまつり」出、参拝客に振る舞われると゜ぶろくの仕込みが21日、境内の酒造所で始まった。

1月21日   街かど情報

半田青年会議所が
交歓会で挑戦誓う

◎半田青年会議所の新春賀交歓会が、半田市のザ・ク゜ランドティァラ半田で開かれ、地域の未来をより良くするために挑戦し続けることを誓い合った。

 1月20日 話 題 

芥川賞 山下澄人さん 「しんせかい」
直木賞 恩田  陸さん 「蜂蜜と遠雷」

◎第156回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が19日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は山下澄人さん(50)の「新世界」(新潮7月号)に、直木賞は恩田陸さん(52)の「蜂蜜と遠雷」(:幻冬舎)に決まった。

 1月19日 市政情報

「赤レンガ案」など議論
半田病院立て替え地会議

◎半田市立半田病院の立て替え地をめぐる市の検討会議が18日、半田病院で開かれた。
市は現在の病院の北側の市職員駐車場での新築計画を発表したが、大地震の発生時に地盤の液状化の懸念や、津波避難が必要な地域であることから反対意見がうり、同市榎下町の半田赤レンガ建物東側の市有地と比較し議論した。

1月18日   市民討論会情報

新病院建設地 意見募る
半田 15日に市民向け討論会

◎半田市立半田病院の建設地を考える市民向け討論会が15日午前10時からアイプラザ半田、続いて午後2誌゛からクラシティ半田の市内2会場で開かれた。
半田赤レンガ建物東側での建設を提案する市民団体「半田病院のあり方を再考する会」の主催。

1月17日  街かど情報 

知多半島にも大雪

赤レンガ建物も
写真スポット

◎半田市の半田赤レンガ建物周辺には見渡す限り銀世界に。雪の少ない半田では年に一度見られるかどうかの珍しい風景とあって、朝からアマチュアカメラマンが訪れた。




自宅及び自宅周辺 ↓

 

 
1月16日  トピックス 

2017年用 お年玉年賀葉書・切手 当選番号





 1月15日  講演会情報

経営者ら公演聴講
知多信金で櫻井よしこさん

◎半田市の知多信用金庫で12日、ジャーナリストで国家基本問題研究所理事長の櫻井よしこさん(71)による講演会「日本よ、のびやかなれ」と題する講演会があった。

1月14日  演奏会情報 

半田市民管弦楽団 第30回定期演奏会
創立30周年記念 「第九」
2月26日(日)
半田市福祉文化会館(雁宿ホール)



1月13日   催し情報

人形浄瑠璃
文楽 「半田公演」
3月2日(木) 
半田市福祉文化会館(雁宿ホール)


1月12日   音楽会情報

半田音楽会
「日本の流行唄」 大正浅草オペラ篇
セントラル愛知交響楽団 名古屋二期会
2月5日(日)
半田市福祉文化会館(雁宿ホール)


1月11日   新美南吉記念館情報

南吉童話 小中生描く
半田 読書感想画の入賞作展

◎半田市出身の新美南吉の童話ほ読んだ感想を絵で表す「新美南吉読書感想画コンクール」の入賞作36点が、同市の新美南吉記念館で展示されている。22日まで。

1月10日   音楽会情報

セントラル愛知交響楽団
壮大な演奏魅了

半田で公演

◎半田市と音楽文化振興に関する協定を結ぶセントラル愛知交響楽団(名古屋市)の記念コンサートが9日、市雁宿ホールであり、オーケストラの壮大な演奏が聴衆を魅了した。



1月9日  市政情報 

友と笑顔 未来へ一歩
尾張、知多の各地で成人式

新ホールで祝福 半田
◎成人の日(9日)を前に尾張、知多の各地で8日、成人式や記念の催しが開かれた。新成人たちは再会した旧友と笑顔で語り合い、大人になった喜びをかみしめた。
半田市は天井耐震改修を終えたばかりの市雁宿ホールに1312人が集まった。




決意新たに出初め式
◎消防の出初め式が8日、尾張、知多埜各地であり、消防職員や消防団員らが一斉放水やはしごの演技を披露。防火、防災に取り組む思いを新たにした。
半田市は東洋町の市職員駐車場に知多中部広域事務組合消防本部の職員や消防団員、市赤十字奉仕団員ら300人が整列。

1月8日  展示会情報 

本物の質感、筆で追求
半田で日本画、水墨画展

◎半田市の日本画、水墨画教室「友画会」の作品展が7日、市立博物館で始まった。9日まで。
一年間の集大成として毎年開催しており、36回目。会の代表で日本画家の武藤琴さん(79)=同市港本町=と、市内を中心にした50代から80代の男女20人が55点を出展した。



 

 

  

 

 
1月7日   
1月6日   展示会情報

長田昇長崎と軍艦島の旅素描展
1月9日(月)~15日(日)
アート空間OSADA




1月5日   市政情報

雁宿ホール 天井耐震化終了
半田 9日セントラル愛知演奏会

◎昨年5月下旬から利用を休止していた半田市雁宿ホールの天井耐震化工事が終了した。新装の大ホールでは、9日午後3時からのセントラル愛知交響楽団のガラコンサートをはじめ音楽イベントがめじろ押しだ。

 1月4日  酉年 年賀状展②

☆昨日に続いての紹介です。


 1月3日 酉年 年賀状展①

☆今年、元旦に我が家に届いた年賀状の中で、これはと思う、秀作を紹介します。いずれも、オリジナルの作品ばかりです。


 1月2日 息子家族からの年賀状 

息子(長男)家族から、届いた年賀状です。



孫(長男)、今年中学校3年生、(長女)は小学校4年生、(二男)は幼稚園入学です。
 平成29年
1月1日
私の年賀状
「趣味の年賀シリーズ(30)」


☆私が、毎年、皆さんに、「趣味の年賀シリーズ」として出している年賀状です。、私のオリジナルで、
今年で、シリーズも30回になりました。

12月31
地域情報 

尾張万歳で笑い初め
知多翔洋高 正月公演向け稽古

◎知多市に伝わる国の重要無形民俗文化財「尾張万歳」の正月公演に出演する、地元の知多翔洋高校の生徒らが稽古に励んでいる。公演し来年1月1日に同市八幡の尾張八幡神社である元日奉納をはじめ、各地で開かれる。

12月30日
市政情報

各市町の今年の3大ニュース


12月29日
市政情報

去る年顧み飛躍の年へ
知多半島10市町てあ゛仕事納め

◎今年も後3日になった28日、官公庁では仕事納め式かあり、ちた半島でも職員たちが1を振り返り、新しい年への飛躍を誓った。決意や期待を込めた市長、町長の言葉をまとめた。

12月28日
街かど情報

演歌歌手 渡辺まりかさんがCD寄贈
知多半島の歌、南知多町に

◎阿久比町出身の演歌歌手、渡辺まりかさん来年1月に発売する曲「大好き知多半島」のCDを、作曲を担当した泉富士雄さん(72)と共同で南知多町に寄贈した。町役場で石黒和彦町長に50枚を手渡した。

12月27日
美術展情報 

第69回 半田市美術展
平成29年2月3日(金)~2月5日(日)
半田市福祉文化会館(雁宿ホール)


12月26日
街かど情報

しめ縄、絵馬を準備
半田 神前神社

◎半田市亀崎町の神前神社で25日、来年の干支「酉」を描いた大絵馬と住民お手製の大しめ縄が取り付けられた。神前神社の崇敬団体「五月会」の会員らが拝殿に続く石段脇に大絵馬、拝殿上に大しめ縄を配置した。

12月25日
半田赤レンガ建物情報

さあ 楽しいXマス
半田で ミニコンサート

◎半田市榎下町の半田赤レンガ建物で24日、クリスマス・ミニコンサートが開かれた。
市内で活動するグループ「ゆかいな仲間たち」が、「サンタが街にやってくる」「あわてんぼのサンタクロース」など定番のクリスマスソングをコーラスで披露した。

12月24日
写真展情報

第20回 エイトフォーカスクラブ 写真展
平成29年1月13日(金)~1月15日(日)
半田市福祉文化会館(雁宿ホール) 2階


12月23日
市政情報 

市長ら給料上げ 答申
半田市報酬審 市議は19年ぶり

◎半田市特別職報酬等審議会(中埜喜夫会長)は20日、市長ら特別職の給料と市議報酬を2017年度に引き上げるよう榊原純夫市長に答申した。市議報酬の引き上げは答申通りに実施されると19年ぶりになる。特別職は2年連続の引き上げ。

12月22日
 半田市議会情報

半田の竹内功治市議
志民ネット離脱

◎半田市議会の竹内功治市議(42)が民進系の所属会派「志民ネット」を16日付けで離脱した。竹内市議は「会派と自身の考え、理念にずれがでてきた」と説明している。当面は無所属で活動いるという。
竹内市議は2007年に初当選し3期目。

 
12月21日
市政情報

5月28日に告示
6月4日投開票
半田市長選

◎半田市選管は19日、任期満了(来年6月23日)による市長選の日程を5月28日告示、6月4日投開票と決めた。
立候補予定者説明会は4月18日午後1時半から市役所で開く。
市長選には現職の榊原純夫氏(67)が三選を目指して立候補することを表明している。






榊原純夫半田市長
12月20日
県政情報 

維新 県総支部が発足
井上代表 「全選挙区に立候補を」

◎時期衆院選に向け、日本維新の会は19日、県総支部の発足を発表し、代表に就いた井上英孝さん(45)=衆院大阪1区=らが県庁で会見した。

12月19日
市政情報

亀崎潮干祭の山車行事
ユネスコ無形文化遺産登録記念式典&祝賀会(立食懇親会)
12月18日(日) アイプラザ半田


 

  

 

 

 


男衆 祝いの「伊勢音頭」
半田 ユネスコ登録記念式典
◎半田市の亀崎潮干祭の山車行事が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されたことを祝う記念式典が18日、半田市のアイプラザ半田であった。
市民500人余りが参加。


12月18日
街かど情報

潮干祭 看板で紹介
半田 「鈴川織布」駐車場に設置

◎ユネスコの無形文化遺産に登録された半田市の亀崎潮干祭を紹介する看板が、地元企業「鈴川織布」の駐車場に設置された。17日にお披露目があり、関係者らの神事で地域の発展を祈った。




 

 

12月17日
地域情報

買い物「不便になる」
常滑 ピアゴ閉店 惜しむ声

◎ユニー・ファミリーマートホールディングス傘下のユニーが、来年をめどにピアゴ常滑店(常滑市千代ケ丘)を閉店する方針を明らかにした。13日も、店は普段と変わらず大勢の買い物客でにぎわった。付近の住民からは長年親しんだ店舗を惜しむ声が聞かれ
た。


12月16日
警察情報

おでん指でつつく容疑男 逮捕へ
常滑のコンビニ被害
ネットに動画、批判

◎愛知県常滑市内のコンビニで商品のおでんを素手でつついたとして、同県警は14日、威力業務妨害と器物損壊の疑いで、同県内在住の20代の男を逮捕する方針を固めた。

12月15日
街かど情報 

紙製の門松贈る
知多信用金庫
◎知多信用金庫(半田市は半田市と阿久比、美浜、南知多町に計12万5600枚を寄贈した。門松を飾る家庭が減る仲、玄関を彩ってもらおうと50年以上続けている。


12月14日
 地域の話題

潮干祭登録 喜びの列
半田の神社 祝賀会に500人

◎半田市の亀崎潮干祭ガユネスコの無形文化遺産に決まったことを受けて11日、同市亀崎町の神前神社で祝賀会があった。
神社に町内の祭5組と市民ら計500人が集まった。

 12月13日
プライベイトルーム 

亀崎潮干祭の山車行事 
ユネスコ無形文化遺産登録記念式典の開催案内







12月12日
半田赤レンガ建物情報

ウインター・イルミネーション
12月4日~1月28日
17:30~22:00



12月11日
半田赤レンガ建物情報 

クリスマスイベント
☆キャンドルナイト
 12月17日、24日

 10:00~16:00
☆クリスマス・ワークショップ
 12月17日、18日  
 10:00~16:00


12月10日
半田赤レンガ建物情報

美しい細工 華やかに
半田でステンドグラス展

◎半田市の半田赤レンガ建物で10、11の両日、同市亀崎町のひらおかステンドグラス工房による作品展が開かれている。





12月9日
半田市議会情報

平成28年第6回半田市議会定例会
☆市政に関する一般質問通告一覧




中日「きのうの議会」


12月8日
街かど情報

庭園彩る 和の美しさ
半田 旧中埜半六邸のモミジ見ごろ

◎半田市中村町にある築百数十年の豪商屋敷・旧中埜半六邸で一般開放されている「半六庭園」のモミジが色づき、訪れる人の目を癒している。

12月7日
市政情報

病院移転先に新候補地
半田市 市民提案受け検討へ

◎半田市は6日、市職員駐車場に移転新築するとしていた市立半田病院の建て替えについて、新たな候補地に同市榎下町の名古屋ハウジングセンター半田会場を加えた。新候補地について、職員駐車場と比較検討する。市議会本会議で榊原純夫市長が中川健一議員の一般質問に答えた。

12月6日
街かど情報

晩秋の亀崎を堪能
◎半田市亀崎地区で、地元の歴史や文化に触れる町歩きイベントがあり、市内外から21人が参加NPO法人亀崎町おこしの会会長の石川正喜さん(67)や市観光協会職員の案内で、JR亀崎駅から神前神社、老舗料亭望洲楼などを巡った。

12月5日
稲沢市長選情報

稲沢市長に 加藤氏初当選

12月4日
半田赤レンガ建物情報

クラシック&シャンソン
Valentine Morning Concert
~愛を歌う~
"榊原"トリオ

2017年2月4日(土)



12月3日
地域の話題

沸く地元 気分祭高
ユネスコ登録 尾張から4件
「次世代へ引き継ぎたい」 半田

◎国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に、尾張地方からは津島市・愛西市の尾張津島天王祭と蟹江町の須成祭、犬山市の犬山祭、半田市の亀崎潮干祭の登録が1日、決まった。県内の5件の祭りのうち4件を占める。地元自治体や保存会などの関係者は喜びにわき、貴重な山車文化などの継承への責任を新たにした。
亀崎潮干祭保存会の山田晃会長(75)は「今後も身を引き締めて、祭りの有形無形の部分を仲間と共に次世代へ引き継いでいきたい」とあいさつ。

12月2日
 話 題


山・鉾・屋台行事
ユネスコ無形文化財遺産登録





高山祭など無形文化遺産
ユネスコ 「山・鉾・屋台」33件決定




中日 社説 地域支える文化遺産に



文化 後世に曳き継ぐ
連携や展示場計画

盛んな中部 担い手課題






 12月1日
 プライベイトルーム

「金メダリスト リレートーク」
名古屋・栄 中日劇場


金言の花5輪




金メダリストの「女子会」トーク
◎中日新聞社は30日、創業130周年を記念し、五輪の女性金メダリスト5人が一堂に会する「金めだりすと リレートーク」を名古屋・栄の中日劇場で開いた。
イベントには5千人の申し込みがあり、当選した1300人が耳を傾けた。


☆「竹ちゃんのおしゃべりサロン」日々更新しています。


トップページに戻る