竹ちゃんのおしゃべりサロン 

 1月6日  ギャラリー 午年年賀状展⑤

近況・新年抱負・メツセージの年賀状



☆趣味の会のTさん                    ☆前日本福祉大のO先生


☆友の会のOさん                    ☆趣味の会のYさん


☆半田市では著名な人               ☆半田市出身、東京在住のHさん


☆趣味の会のOさん                 ☆機関誌「東栄」の編集長 Iさん
 1月5日  ギャラリー 午年年賀状展④

芸能人・歌手の年賀状


歌手 梓 夕子            落語家 三遊亭 とん馬


歌手 藤川 まり子


 1月4日  街かど情報

年明けとともに 吟醸酒を初搾り

半田 「国盛」中埜酒造



康と幸せ祈り合掌
各地で初詣

1月4日   ギャラリー 午年年賀状展③

スナップ写真 精選集

 



 1月3日  ギャラリー 牛年年賀状展②

書・画 精選集









1月2日   ギャラリー 午年年賀状展①

版画 精選集

 

元旦に「竹ちゃん」宛てに届いた年賀状約450通の中で、より選った版画です。









 
 1月1日  謹賀新年

今年も「竹ちゃんのおしゃべりサロン」よろしくご愛読を

 12月31日
 さあ新年準備

大絵馬 お目見え
半田市 神前神社

◎来年の干支にちなんだ馬の大絵馬が28日、半田市亀崎町の神前神社にお目見えした。大絵馬は縦横1・8mの板製。神社が美術予備校講師で市議の成田吉毅さん(44)に、破魔矢用の絵馬と図柄での制作をした。神社に、知多半島では最大級の大絵馬という。

板山万歳練習 締めくくり
半田市板山地区

◎半田市板山地区に伝わる「板山万歳」の保存会が28日、公演が最も集中する年始に向けた練習を締めくくった。
板山万歳は、知多市の尾張万歳の流れをくむ伝統芸能。半田市の無形民俗文化財で、1998年に発足した保存会が継承している。



☆山本真士半田支局記者は、年内を以って、岐阜県多治見支局に転勤される。新天地での活躍を期待します。
12月30日
中日新聞 元旦号より新紙面 



12月29日
第64回 紅白歌合戦 
NHK総合 31日 後7・15
テーマは「歌がここにある」

◎第64回「NHK紅白歌合戦」が、31日午後7時15分から4時間30分にわたり放送される。2013年は「歌がここにある」をテーマに、計51組が出場。司会は、白組が4年連続4回目となる嵐。紅組は大河ドラマ「八重の桜」で主人公を演じた綾瀬はるかが務める。総合司会は有働由美子アナウンサー。



12月28日
 知多半島情報

10市町 仕事納めで首長訓示
「よりよい行政へ精進を

◎27日、知多半島では、官公庁や多くの企業が今年の業務を終えた。5市5町の首長も仕事納め式などで職員の1年の働きをねぎらい、来年も一層の精進を願った。





12月27日
ふじまり情報 


12月26日
 知多半島情報

知多半島「春の音楽祭」 再び
15年開催へ早くも始動

◎知多半島全域を会場に2013年に初めて開かれた「知多半島春の音楽祭」が15年2、3月に再び開かれる。各地の盛り上げを担う実行委員会結成を全市町で模索するなど、前回より盛大にしようと関係者は動きだしている。

12月25日
長男家族の子供たち 

長男家族が、昨晩ひょっこりやって来て、年賀状に載せる、子供たちの写真を撮ってほしいと言う。
さっそくカメラを準備して、撮影した1枚が下記のような写真である。
3人のうち、長男は小五、長女は年長、二男は零歳児。

12月24日
 ふじまり情報

藤川まり子からの「リクエスト」のお願い





 12月23日
 書道教室の展示会

渭川書院生徒作品展

渭川書院生徒作品展(主宰 高橋白洋)が、半田市乙川高良町の「知多信用金庫乙川支店」ロビーで開催中。
保育園年長から中二までの作品63点が展示されている。



  
12月22日
ふじまり情報 

藤川まり子新曲「知多半島」
通信カラオケDAMに配信されました


 

 
12月21日
半田市議会定例会最終日 

職員給与改正案を否決
管理職年収増に疑問


◎半田市議会は定例会最終日の20日の本会議で、国家公務員の給与制度に合わせるための「市職員の給与に関する条例の一部改正案」を賛成少数で否決した。議案の柱の一つである管理職の年収引き上げに議員から疑問の公が上がっていた。
条例改正案の柱は①55歳からの昇給停止②課長以上の年収の引き上げ③給与表のうち国家公務員より高い部分の廃止。
市人事課によると、市職員の給与水準は、人口や産業構造が似た県内類似自治体体、瀬戸、小牧、稲沢、東海各市に比べ低い。「頑張る職員に報い、やる気を引き出す」ために、市は給与減の①と③と給与増の②を組み合わせて条例改正を提案した。
これに対し、議員の多くが「職員全体のやる気が高まるという根拠がない」「若手の年収引き上げなど他にも方法がある」「人件費がいくら増えるのか分からないのに、賛成できるわけがない」などと疑問を呈していた。
この日の採決で、議長を除く議員21人のうち、賛成したのは2人。

12月20日
街かど情報 

旧道「古念仏坂」を整備
半田市有脇地区 名所巡るコースに

◎半田市有脇地区の名所旧跡の再生に取り組む住民有志が、地元の旧道「古念仏坂」を行き来しやすいようボランティアで整備した。古念仏坂の存在や由来を知る人がだんだんと減り、荒れた状態になっていた。

12月19日
半田市区長会 年末懇親会 

半田市行政協力員(半田市区長連絡協議会)の年末懇親会が、19日午後6時から、新川町の「おそめ」で行われた。半田市42自治区の区長と半田市幹部職員(次長級以上)が出席。
幹部職員は、日ごろ地域行政を担う区長に対して「おもてなしの心」で労をねぎらった。




★画像は、榊原純夫氏のfacebookから借用しました。
12月18日
中日新聞知多版掲載
ちた歩記ワイド
~記者が見た、感じた2013


阿久比町住民税1%町民予算枠事業
町政を考える機会に


12月17日
ちた特報 ニュースのつぼ 

もがくクライティ半田
遠のく客足 相次ぐ入店者撤退

◎半田市広小路町の名鉄知多半田駅前の再開発ビル「クラシティ半田」から、入店者の撤退が相次いでいる。この1年間で3店がが抜け、入居できる総店舗数の4分の一に当たる6店舗分が空き家に。駅前の好立地ながら、来客数も減り続け、建物内はいつも人がまばらだ。中心市街地のにぎわいを取り戻そうと7年前に「半田の表玄関の顔」として誕生したビルが、その役割を果たしていない。
開設時からの店を今年閉じた男性経営者は「2年目から赤字続き。黒字の店はほとんどないと思う。ビル側に集客の工夫が足りない」と手厳しい。

12月16日
街かど情報

ボーイスカウト半田第1団
「第7回だんぼりー」
キャンプ体験、綱引きも


◎ボーイスカウト半田第1団の地域イベント「第7回だんぼりー」が15日、半田市榎下町の半田児童センターと堀崎町の住吉公民館で開かれた。
輪投げや綱引きなどのゲーム、餅つきがあり、団員や地域の親子連れ50人が楽しんだ。キャンプ体験のブースではテントの張り方や竹でかまどを作る方法を学んだ。

12月15日
半田市民管弦楽団
第27回定期演奏会

半田市民管弦楽団主催の「第27回定期演奏会」が12月15日(日)半田市福祉文化会館(雁宿ホーム)にて開催された。
・アルヴェーン スウェーデン狂詩曲第1番「夏至の徹夜祭」・チャイコフスキー 「眠れる森の美女」・ブラームス 交響曲第2番の3曲が演奏された。
榊原純夫半田市長ご夫妻も来聴されていた。





★定期演奏会終了後、玄関ホールでは、管楽5重奏のクリママスメドーのお見送りの演奏もあり、来聴者を楽しませていただきました。
(画像は、榊原純夫氏のfacebookから借用しました)
 12月14日
街かど情報 

 

 
12月13日
半田市議会定例会 


















12月12日
 街かど情報 

 中日新聞で大きく紹介

藤川まり子さん メジャーテビュー
新曲「知多半島」で!!


◎半田市に住む演歌歌手、藤川まり子さんが新曲「知多半島」でメジャーレビューした。
地元で主に扱われてきたこれまでの曲とは違い、今回の曲はCDやカラオケでもっと広い地域に届く。藤川さんはこれを機に、自身と知多半島を「全国に売り込みたい」と意気込んでいる。
兵庫県出身で、7年前に半田市に移り住んだ。4年前から半田出身の作曲家、野崎真一さん(82)に歌の指導を受け、昨年から「篝火」「半田だし丸くん音頭「はんだ有脇真古酌音頭」などのご当地ソングを中心に発表してきた。
新曲には「岬通いの白い船」「情け武豊、線路は続く」といった知多半島の風景を思い起こさせる歌詞がちりばめられており、華やかでめりはりのある曲調に仕上がった。
藤川さんは、縁もゆかりもなかった知多半島で多くの人に助けられてきたといい、「人情深さが出身地と共通している」と「第二の故郷」への思い込みは強い。だからこそ「歌うことでこの地域に恩返しをしたい」と話す。通信カラオケでは17日から順次、主要機種で配信される。

 12月11日
 
12月10日
南吉と「平和」 

平和への思い読み解く
~朗読と講演の集い~


戦時中に青年期を送った童話作家、新美南吉の平和への思いに光を当てる集い「南吉と『平和』」が、太平洋戦争から72年たった8日、半田市東洋町のアイプラザ半田であった。
日本福祉大の福岡猛志名誉教授は講演で、南吉が1935(昭和10)年に書いた「ひろったラッパ」を紹介。思想、言論が抑えつけられた時代に戦争を批判しようとしたとして「勇気ある作品だ」と評した。
集いは、半田空襲と戦争を記録する会が南吉生誕100年を記念して開き、240人が訪れた。講演に先立ち、常滑市出身の劇団俳優山田昌さんと夫の天野鎮雄さんが「ひろったラッパ」などを朗読した。



12月9日
奉納公演 

尾張万歳
平成26年1月1日
尾張八幡神社境内


12月8日
年忘れイベント 

酒蔵寄席
12月22日
国盛酒の文化館
出演 槍田家志ょ朝・川の家河太郎ほか


12月7日
山田才吉と衆楽園大仏 

山田才吉
1852年(嘉永5)~1937年(昭和12) 現在の岐阜市出身。名古屋財界異色の実業家、政治家。守口漬の考案。愛知県で最初の缶詰工場。水族館、巨大旅館、巨大仏像など、建設・建立。

 

 



 
12月6日
 半田駅前の商店街火災

半田市民に長年親しまれてきた商店街の一角を猛火が包んだ。5日夕、銀座本町で起きた火災。JR半田駅やミツカングループ本社に近く、山車祭りや盆踊り大会の会場にもなる中心市街地が炎と煙にのまれる。痛々しい焼け跡。変わり果てた街の姿に市民らは驚きと落胆を口にした。



 

 
12月5日
ふじまり情報 

藤川まり子 新曲「知多半島」 CD発売






12月4日
半田市観光ガイド協会 会員バス研修 

新美南吉安城文学散歩

主な研修先・見学先
・広千(金魚屋)・南吉館・博文堂・花の木観音・桜町小学校・安城公園・吉野家・新田の下宿(大見宅)・新田小学校・都築弥厚像


 

 

 

 
12月3日
半田市若者観光ナビゲーター募集

「山車・蔵・南吉・赤レンガのまち「半田市」のミドクロを 元気いっぱいにナビしてくれる若者を募集します!」

 



12月2日
新美南吉生誕100年催し 

フィナーレ~夢つなぐ~
12月21日(土)
第一部 岩滑小学校体育館   第二部 新美南吉記念館芝生広場





12月1日
半田市立博物館第29回友の会合同展





 11月30日
 はんだ市報 12月1日号

 



★私の孫が掲載されています。
11月29日 
 イルミネーション点灯式

11月29日 17:00~
イルミネーション会場
◆半田中町商店街会場(こうせい公園)
◆クラシティ半田会場(クラシティ半田前)
◆半田ラブリングタウン会場(おおまた公園)
◆蔵しっくたうん会場(平和通り 繊維会館北側)


 

  

   

 
11月28日 
アルミ缶などリサイクル工場視察 

平成25年度 半田市区長連絡協議会 清掃部会の視察は、半田市のアルミ缶リサイクル先である「クレス名古屋」(飛島村)と、小型家電の分別・リサイクルをする「シーエイ常滑工場」を11月28日に行った。



 

 

 
 11月27日
観光ガイド協会広報紙「ぶらっと半田」 

半田市観光ガイド協会・広報紙「ぶらっと半田」第28号が発行された。




 11月26日
ゆるキャラGP 

だし丸くん 健闘61位
半田市「まずまず」

◎全国から過去最多の1580体のご当地キャラクターが参加した「ゆるキャラグランプリ2013」で、初参加の半田市の「だし丸くん」が総合61位、県内5位と健闘した。知多半島からは、だし丸くんを含む16体が出場したが、8体が千位を下回り、知名度向上に課題を残した。
知多半島勢の上位は知多市の「梅子」が357位、東浦町の「おだいちゃん」が438位。そのほかは500位以下だった。


 11月25日
南吉生誕100年記念し文学碑 

南吉生誕100年を記念
半田市亀崎地区に文学碑


◎半田市出身の童話作家、新美南吉の生誕100年を記念し、市文化協会が神前町の亀崎海浜緑地に、童話「煙の好きな若君の話」の文学碑を建てた。24日に除幕式があり、関係者が完成を祝った。
除幕式には、協会関係者や小中学生ら30人が参加。会長の山田晃さん(72)は「多くの人が集い、南吉について語り合う場となってほしい」と話した。

 11月24日
「シンポジウム」卒業公演 

半田市での移住生活を今月末に終えるお笑いトリオ「シンポジウム」=名古屋よしもと所属=の卒業公演が23日、半田市東洋町のアイプラザ半田であった。

11月23日
演奏会情報 

半田市民管弦楽団 第27回定期演奏会

演奏曲
◆ブラームス 交響曲 第2番
◆チャイコフスキー 「眠れる森の美女」組曲
◆アルヴェーン スウェーデン狂詩曲 第1番 「夏至の徹夜祭」


 11月22日
秋葉山本宮秋葉神社代参 

向山区は静岡県にある秋葉山本宮秋葉神社を代参し、お札を授かってきた

 

 

 
11月21日 
友の会歴史部 研修会 

登呂遺跡・久能山東照宮を訪ねて
11月20日(水)
探訪先
登呂遺跡・静岡市立登呂博物館
日本平
久能山東照宮
静岡浅間神社

 

 



11月20日 
街かど情報 

榊原弱者救済所跡公園
「鴉根ちびっこ広場」






11月19日 
東栄会写真クラブ゜「フォト東栄会展」 

東栄会(東海東京FH・OB会)写真クラブの「第12回フォト東栄会展」がJR千種駅前、「すずきかめら」で25日~30日まで開催される。



 11月18日
 
 11月17日
 少年消防クラブ防火作品展示

半田市乙川吉野町の「パワート゜ーム」1階で、「少年消防クラプ防火作品」が展示されており、孫(小学5年生)の作品が「入賞」に入っていた。

 

 
 11月16日
 藤川まり子「知多半島」

新曲発表記念歌謡コンサート
平成26年2月8日(土) アイプラザ半田 開演/AM 9:00

「知多半島」CD 11月28日発売開始

 11月15日
 友の会合同展

第29回半田市立博物館友の会合同展

「前半」
11月30日(土)~12月12日(木)
古文書・歴史・拓本部会

「後半」
12月14日(土)~12月25日(水)
染色・はたおり・陶芸部会


11月15日18日
パソコン・プログラム故障発生 修理中!!
11月14日
広報「コミュニテイ向山」

広報「コミュニテイ向山」第22号   平成25年11月15日発行
発行者 向山コミュニティ推進協議会(会長 竹内 進)
編集者 行政広報挨拶部会・広報紙編集委員会


 



 


11月13日
友の会合同展 体験コーナー

参加者募集



11月12日
半田市内 各地区の区民展・作品展

 

 

      

   
11月11日
半島各地で産業まつり

知多半島の秋の恒例行事「産業まつり」が9日、半田、東海市、東浦、武豊町で始まった。10日はこれらの市町に加え、美浜町でも開かれた。
半田市川崎町のJFEスチール知多製造所での「はんだふれあい産業まつり」には、フリーマーケットに250店が出店。ステージには戦隊ヒーローやお笑い芸人が登場。10日は半田市池田町の半田運動公園に会場を移して行なわれた。




  

 
11月10日
芸術祭 第30回半田市文化協会芸能部合同発表会

  

 

 

   

 

 
11月9日
乱立する 乙川地区の歯科医

半田市乙川地区は、歯科医が乱立気味である。
元々、昔から歯医者さんが多い地区ではあったが、ここにきて、激戦である。

①国道247号・浜田町3丁目交差点近く   石黒歯科医院 (12月初旬 新築移転)
②稗田川沿い 向田町   ナオクリニック デジタル
③稗田川沿い 太田町   あくた川歯科
④小神町北交差点近く   乙川パーク歯科

①                               ②
 


③                               ④
 
11月8日
見納め 博物館「酢の里」

半田市には、日本で唯一の酢の総合博物館「酢の里」がある。「酢の里」周辺の立替のため、11日から2年間閉館する。
見納め直前の7日、見学に行ってきた。


 

   

 

 


11月7日
薪背負う金次郎の像

私達の若い頃には、どこの小学校にも「薪背負う金次郎の像」(二宮金次郎像)はあった。
今、金次郎の像がおいてある学校は皆無に近い。僅かながら、「二宮尊徳像」は存在する。
私の母校、「半田市立乙川小学校」を訪ねた。
裏門(西門)の角に、「二宮尊徳像」が設置されていた。裏側に、「昭和33年再建、未年同年有志」と刻まれていた。
旧正門(南門)の角には、「野口英世像」が建っていた。
現正門(東門)の正面には、「校訓」(自主・敬愛・勤労・健康)の碑が建てられている。


 

 



↓ 「街道を行く」で紹介された、豊川牛久保小学校の「薪背負う金次郎」像
   校庭に立つ、薪を背負う「二宮金次郎像」(藤原利平氏作)は、日本最古のものとか。



11月6日
セブン-イレブンの出店 目ざましい

セブン-イレブンの半田市内の出店が目ざましい。
11月15日(金) 半田向山町店
11月29日(金) 半田瑞穂町9丁目店
まだ、これから出店が予定されている。


 


↓ 15日にオープンする「半田向山町店」。 まだ、「セブン-イレブン」の看板が付けられていない

 

↓ 近くの交差点には「出店予定地」「経営者募集」の屋外看板が立っている。

11月5日
話題の新刊 「船長日記」

「船長日記」 その信憑性と価値
村松澄之 著
2013年11月20日発行 風媒社
定価(本体1,600円+税)


 

 

 


新聞記事(中日知多版)

江戸期に漂流 船頭重吉の功績に光
記念パネル除幕
「顕彰する会」 半田運河堤防に設置



11月4日
船頭重吉を顕彰する碑 除幕式

半田市出身船頭重吉(小栗重吉)が漂流した日から200年目の今日、半田運河畔で、船頭重吉を顕彰する碑除幕式が催行された。
除幕式終了後、半田信用金庫本店3Fホールにて、重吉研究家・村松澄之氏(新城市)による講演会(「船長日記ーその信憑性と価値ー)が行なわれた。


 

   

 
11月3日
藤川まり子 新曲発表記念「歌謡コンサート」 出場者募集


11月2日
ふじまり最新情報

フリーボード 藤川まり子
新曲発表記念 歌謡コンサート
「知多半島」「c/w 人生夢通り」

平成25年2月8日(土) アイプラザ半田(大ホール)





11月1日
催し情報

半田市民管弦楽団
第27回 定期演奏会
2013年12月15日(日) 半田市福祉文化会館(雁宿ホール) 14時00分 開演


演奏曲
★ブラームス 交響曲 第2番
★チャイコフスキー 「眠れる森の美女」組曲
★アルヴエーン スウェーデン狂詩曲 第1番
           「夏至の徹夜祭」


10月31日
2013はんだふれあい産業まつり

11月10日(日) 半田運動公園会場 10:00~15:00







10月30日
南吉童話展

半田市立図書館 10月26日(土)~11月10日(日)



  
10月29日
第86回 半田市美術展

11月15日(金)~17日(日)
会場 半田市福祉文化会館(雁宿ホール)

10月28日
気の早い 午(馬)年の年賀状

来年の干支は「午」(馬)。 印刷会社から、午年の年賀状のゲラ刷り(試刷り)が届いた。

10月27日
中日新聞知多半島検定

目指せ半島ニュース博士
検定初級編に44人挑戦

◎知多半島内のニュースについての知識を問う「知多半島検定 初級編が26日、半田市銀座本町の半田商工会議所であった。半田市や常滑市、武豊町など二市四町の10~80歳の44人が挑戦した。中日新聞販売店知多南支部青年会が企画。



 
10月26日
カブトビールコレクション

 
※大正期のカブトビール「マツチラベル」


※昭和初期 カブトビール「絵はがき」
10月25日
新刊 不屈の男 山田才吉




10月24日
博物館友の会見学会




10月23日
話題の新刊

半田ハリストス正教会百年史

(知多半島伝道百三十年の記録)
聖イオアン・ダマスキン聖堂 成聖百周年記念

※非売品※

10月20日~22日
三五古稀会 東北旅行

東北紅葉の最適シーズンの110月20日~22日、三五古稀会の35人は、田沢湖、中尊寺、蔵王、、松島方面の東北旅行を行なった。
中部空港を出発、秋田空港に到着。1日目は花巻温泉、2日目は秋保温泉に宿泊。帰路は仙台空港を出発、中部空港到着。



10月19日
向山防災会「防災研修会」

見学先

豊田市防災学習センター
トヨタ会館
知多広域消防指令センター




 

 
10月18日
かめざき小路てん2013

2013年10月13日~20日
半田市亀崎町一帯






  

  
10月17日
住みます芸人 シンポジウム卒業公演

住みます芸人 おいでや/半田通信局 週末よしもと
シンポジウム卒業公演
2013年11月23日(土) アイプラザ半田



 




★「シンポジウム活動の記録」アルバム
撮影:竹内 進

 



 

10月16日
東海若手市議会議員の会 事務局長交代

このほど、東海若手市議会議員の会(35歳までに初当選した市議会議員で構成)の事務局長が、冨田 潤 豊川市議会議員から竹内功治半田市議会議員に交代した。

 


★東海若手市議会議員の会事務局長になった竹内功治半田市議会議員


10月15日
10月14日
10月13日
催し物情報

第30回武豊町産業まつり記念イベント
「よしもとお笑いライブ」
11月10日(日) 11時開演  武豊町民会館(ゆめたろうプラザ) 輝きホール



 
10月12日
ゆるきゃらGP

知多半島から16体
地元売り込め "選挙戦"加熱


◎インターネットで任期投票中の「ゆるキャラグランプリ2013」に、知多半島の全10市町から16体が参戦している。昨年の3市町・5体から一気に3倍増。ご当地キャラの人気が高まれば、その地元の知名度も上がるとあって、各市町の投票呼び掛けも熱を帯びている。




10月11日
中京テレビ新番組「4U」
映画「風立ちぬ」の世界を地元で体感!!












10月10日
中日新聞知多半島検定<初級編>受験してみよう

試験日時 10月26日(日) 午前10時~11時
中日新聞掲載の知多半島に関する記事より問題出題








10月9日
EDIT 知多半島 秋号 発行される

文化と観光
EDIT「エディト知多半島」
2013年秋号 Vol.52
特集 知多半島 浪漫海道ドライブ「ウエストサイド編」

  


10月8日
孫の保育園の運動会

10月8日(火) 午前9時~ 高根保育園

 




  

  
10月7日
見納め 半田赤レンガ建物 新聞各紙

★毎日新聞




★中部経済新聞



「半田赤レンガ」 愛される建物に
「赤煉瓦倶楽部」 市に50万円寄付

10月6日
区民運動会

平成25年度 (第19回)向山区民運動会
10月6日(日) 8時30分~12時  半田市立乙川東小学校グランド


   

   

   

  
10月5日
市民憲章運動推進第48回全国大会 半田大会

日 時 10月4日~6日
会 場 半田福祉文化会館(雁宿ホール)  半田市市民交流センター(クラシテイ半田)

◆第1日目 
  全国市民憲章運動連絡協議会 第2回役員会
  全国市民憲章運動連絡協議会 役員交流会
◆第2日目
  全国市民憲章運動連絡協議会 総会
  歓迎おもてなし企画
    からくり上演・知多半島のお土産コーナー
  半田大会スケジュール
    歓迎アトラクション  半田ジュニアブラスバンドによる歓迎演奏
    開会式
    まちづくりキーパーソントーク
       水辺の活動実践者・植栽の実践者・防災活動の実践者
       半田市長・アドバイザー
    新美南吉生誕100年記念企画~南吉童話次世代へつなぐもの~
       ◆竹下 景子さんによる朗読   「新美南吉昭和4年の日記」「でんでんむしのかなしみ」
       ◆愛知県立半田商業高等学校演劇部 公演 
            「無償の愛から生まれたもの」~新美南吉作 牛をつないだ椿の木 より~
  
  全国大会交流交歓会
◆第3日目
  視察研修 「知多半島の文化と産業の歴史を巡る」


 







 

  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★竹下景子さん 恩師の福岡猛志先生と ツーショツト

福岡猛志先生は(現在、日本福祉大学知多半島総合研究所所長、前日本福祉大学付属高校校長) 竹下景子さんの南山高校時代(名古屋市)の教え子です。
先生から、、竹下景子さんに ツーショツトをお願いしたら、「いいですよ。」と了解していただきました。



10月4日
メーテレ ドデスカ 赤レンガ建物より生放送

4日(金)午前6時~
目指せ! 1万人の応援団 半田赤レンガ建物



 


 

  
 

10月4日
展示会情報

第36回 中日写真協会
半田支部写真展 10月4日~10月6日
中部電力 半田営業所内 ギャラリー「わっと」




 


 

        
    
  
10月3日
半田赤レンガ建物の話題

2日付朝日新聞夕刊で大きく取り上げられた。


10月2日
昔の亀崎の史料が展示されているお店

はんだミニ山車まつり スタンプラリー
9月27日~10月6日


                   




★立川美術館
 

★万芳屋酒店

 

★久榮丸呉服店
 

★望洲楼本宅
 
10月1日
市制ニュース

半田市制76周年記念式典 
午前10時~
半田市福祉文化会館(雁宿ホール)講堂

 
9月30日
箸袋趣味の会 会報発行される

◎唯一の箸袋コレクションの会、箸袋趣味の会の会報「箸袋趣味」№164が発行された。

  

 
9月29日
赤レンガ建物 テレビ局の取材殺到

29日は、中京テレビと東海テレビが取材
◎半田赤レンガ建物には、毎週の公開日に、テレビ局をはじめ、マスコミ取材が相次いでい.る。
29日の午前中は、中京テレビ・金曜日午前9時30分からの番組「4U」のリポート&インサート撮影があった。
今回は、「4U」/「風立ちぬ」特集で、半田赤レンガ建物&カブトビールが特集される。「
元SKBのリーダー平田瑠璃子さんと、松岡ひとみさんのリポートで収録は進んだ。
今日の収録分は、10月11日(金)午前9時30分より、これまで「ラツキー」という番組であったが、「4U」という番組に変わって放送される。
午後は、東海テレビ午後5時~6時の番組「スーパーニュース」の撮影があった。
収録分は、10月4日(金)に放送される。


  
中京テレビ りポーター          中京テレビ リポーター
松岡ひとみ                  平田瑠璃子



東海テレビ 「スーパー ニュース」 スタッフ

9月28日
久しぶりに聚楽園の大仏さんと対面

※ほんとに何年ぶりか。聚楽園の大仏さんと対面してきた。
12時より、隣接する東海市しあわせ村多目的ホールでは、メデイヤスエフエム主催の「第2回のど自慢大会」が開かれていた。
半田在住歌手、藤川まり子がゲスト出演(審査員も兼ねて)をした。

 


 
昭和初期 聚楽園全景                 昭和初期 加家より上野山大仏殿を望む

  
9月27日
知多半島情報

知多市長選3候補 主な訴え 紹介

◎知多市長選は29日の投開票に向けて、選挙戦は終盤を迎える。
いずれも無所属新人で元県職員宮島寿男さん(65)=自民、民主、公明推薦=と医師竹内元一さん(63)、元警察官滝沢俊雄さん(63)の3人が、市内で政策や公約を訴えている。それぞれの主な訴えを3項目に分けて紹介。



      
      
9月26日
半田赤レンガ建物の話題

「半田赤レンガ建物」 愛される建物に
「赤煉瓦倶楽部半田」 半田市に50万円寄付

◎半田市榎下町にある半田赤レンガ建物(旧カブトビール工場)の保存・活用を進める市民団体「赤煉瓦倶楽部半田」は24日、かつて建物で製造されていたビールを再現した「復刻カブトビール」の売上金の一部や、市民からの善意計50万円を市に寄付した。
赤煉瓦倶楽部は今回を含めこれまで計200万円を市に寄付した


9月25日
ふじまり最新情報

藤川 まり子 イベントスケジュール




あなたも一緒に応援しませんか~  「藤川まり子後援会」会員募集中!
☆緊急!予告!! 2014年2月8日(土)アイプラザ半田にて 藤川まり子新曲発表会開催決定

9月24日
 

テレビ愛知番組 開運なんでも鑑定団
▽北原鑑定士に勧められて収集した明治期の美麗ポスター
カブトビールのポスター4点 美品  125万円!








★びっくりである。 カブトビールのポスター4点で125万円!
24日テレビ愛知の放送された、開運なんでも鑑定団で、今、「風立ちぬ」でも話題になっている、半田赤レンガ建物でかって製造された、「カブトビール」のポスターが出品され、4点で125万円の評価がついた。
ポスターを鑑定に出品したのは、半田ステーションホテルの川口由倫さん。
番組によると、15年前に、北原輝久さんと出会った際、明治期の美麗ポスターの収集を勧められたのが、きっかけだったとか


はてな?
15年前、川口さんはカブトビールポスターを収集していたでしょうか?
赤煉瓦倶楽部半田が設立されたのは、今から11年前。その時点で、倶楽部の中では、カブトビールのことはまったく存在が知られていなかった。
もちろん、川口さんもカブトビールの収集はしていなかったはず。。収集を始めたのはたしか、5・6年前である。
15年前に、川口さんが北原さんから勧められた美麗ポスターは、果たして何だったのでしょうか?

9月24日
街かど情報

明治ー昭和初期 国内最大級の民間更生施設
「榊原弱者救済所」後世に
半田で石碑保存事業完了 創設者・榊原亀三郎しのぶ

◎明治ー昭和初期に半田市鴉根町にあった、民間で国内最大規模の更生保護施設「榊原弱者救済所」跡を後世に残す石碑保存事業が完了し、23日、整備された同町の公園で完成披露式典が開かれたる
式典には、地元住民や保存会の関係者ら100人が出席。榊原純夫市長が「地元の皆さんとともに亀三郎の業績を広くPRし多くの人が集う場所にしたい」とあいさつ。亀三郎の子孫らが石碑の除幕をして、保存事業の完了を祝った。


9月23日
ごんの秋まつり ヒガンバナ 今が見頃

今年は彼岸花に会えた
半田 矢勝川 ビガンバナ

◎愛知県の半田市と矢勝川の境を流れる矢勝川で、生誕100年を迎えた郷土の童話作家、新美南吉ゆかりの「200万本の彼岸花が身頃を迎えた。
23日は「秋分の日」・暦の「彼岸の中日」に合わせたように堤はヒガンバナで赤く染まり、22日も散策の人でにぎわった。
暑さが和らぐ時季に花が開くが、近年は厳しい残暑のためか身頃が10月にずれ込んでいた。9月上旬に気温が下がった今年はやや開花が早まり、花の名の通りに彼岸に咲いた。


 
※9月23日付中日新聞                    ※9月21日付中日新聞

  

 
※写真4枚とも 竹内 進撮影

はてな?
新聞記事の中に、南吉の代表作「ごんぎつね」の「ひがん花が、赤いきれのようにさき続いていました」との描写にちなみ、住民が1990年から育てている。とあるが、
小栗大造著「続 おっかあん(戦争と彼岸花)」の中に
平成2年4月1日 彼岸花
・・・私は長年の念いであった、亡き戦友の「鎮魂」のため「ごんぎつね」出てくる彼岸花を矢勝川堤に咲かせようと決心した。平成2年72歳の時である。
・・・「土手で死んどったらアカンよ」「死んどったら名誉の戦死ダワ」
の記述がある。
彼岸花を咲かせようとした、小栗さんの真意は、今の南吉ブームを予測してのことでない、ことは知っておきたい。
9月22日
半田赤レンガ建物が大ブレイク

赤レンガ しばしの別れ
来春から改修工事
半田の観光名所に

◎300万個以上の赤れんがを積んだ5階建ての巨大建築物。単体の建物に使われたれんがの数では国内で最多の東京駅に次ぐとされ、一部のが失われた今も240万個が残っているという。愛知県半田市の「半田赤レンガ建物」。1898(明治31)年、新興のビール会社「丸三麦酒」の工場として建てられた歴史遺産は来春、1年かけての改修工事が始まり、しばらく見納めになる。


※9月21日付 中日新聞夕刊
9月21日
旧知の移転通知

四季の文化社 深見さん 岐阜県に移転
◎四季の文化社を主宰している、深見利満さんからこのほど移転通知が届いた。移転先は岐阜県加茂郡白川町。
深見さんは最近までは、タウン紙「マイタウン半田・阿久比」の編集を長く続けていた。それ以前には、知多土地の情報誌「クラウンメイツ」の編集などをされていた。ずっと以前には、地多文化社を主宰し、「知多文化」を発行していた。
編集一筋に生きてこられている。
私とは、「知多文化」100号記念パーテイで出会って以来、約35年に亘る旧知の人である。


9月20日
旧知の人から懐かしい電話

中日出版社 生田社長からの電話
◎先週、思いもかけない人から自宅に電話が入った。愛知県郷土資料刊行会、中日出版社社長 生田良雄さんからであった。
電話の用件は、まず、会社の事務所が千種区池下に移転したことの知らせであったのと、私の近況が聞きたい様子であった。
相変わらず、郷土史資料を収集していることを告げた。
以前に「写真集 知多今昔」を出版したのは、愛知県郷土資料会であったことから、ぼちぼち、次の出版の打診のようにも取れた。
今年古希だというと、「ぜひ、古希の記念に何か、出しなさいよ」。と勧められた。


  







9月19日
竹ちゃんの懐古ばなし

内海音頭のエハガキと栞
◎古いエハガキ類を整理していたところ、懐かしい「内海音頭」のエハガキと栞を見出した。

 

 


9月18日
竹ちゃんの証券投資

新しい証券投資優遇制度
NISAを始めるなら東海東京証券

◎東海東京証券から「NISA」開設の申込書が届いた。

ニーサ「NISA」とは、日本版ISA、小額投資非課税制度のこと。
上場株式、公募株式投資信託について、一人につき1口座開設できる。26年1月1日から適用される。
NISA口座を利用すると、配当金・分配金、譲渡益(売却益) 本則税率20.315%が非課税となる。
投資金額は年間100万円まで、投資できる期間は10年間。(平成20年1月1日~平成35年12月31日)
非課税で運用できる期間は5年間。





富士山頂郵便局からの暑中はがき
◎去る8月、東海東京証券から粋な暑中はがきが届いていた。

「このハガキの表面の消印は、先日世界遺産に登録された富士山の山頂にある郵便局のものです。記念に日本で"一番高い"場所にある郵便局より送りさせて頂きます。」


9月17日
半田のエポック

半田市の台風18号の被害状況

◎半田市 市民協働課、災害対策本部事務局・防災交通課から、15日~16日にかけての台風18号の被害状況がメールに入ってきたので、掲載しておきます。




9月16日
9月15日
竹ちゃんのお疲れさんでした

第90回半田市向山区敬老会
午前10時~12時40分


★第90回向山区敬老会は、午前10時~12時40分まで、向山公民館ホールにて行われた。
来賓では、榊原純夫半田市長、近藤良三愛知県議、堀嵜純一愛知県議、伊東英半田市議が来館されそれぞれ挨拶をされた。
半田市の指定文化財である、向山神楽獅子舞、とびつき太鼓の披露があったあと、演芸に入り、大正琴同好会の大正琴、向山コーラス部のコーラス、向山子ども会の歌唱、かよう会・白藤会のカラオケ、向踊会の踊りがあり、ゲスト出演、歌手藤川まり子の半田だし丸くん音頭などの歌謡、半田東高吹奏楽部の吹奏楽演奏があった。

  
 

  

   

  

   
9月14日

竹ちゃんの今夜は「知多酒」で乾杯

「知多酒」ガイド本 完成
酒蔵の歴史、杜氏の思い・・・
「地元で消費し蔵支えて」  半田商議所が無料配布へ
◎知多半島の酒蔵が造る「知多酒」の魅力をまとめたガイドブックが完成した。知多酒の消費量を増やし、酒蔵の経営を支えるため、半田商工会議所が9月中にも、半島各地の飲食店や宿泊施設を通じ、無料で配る。
食と日本酒による知多半島のブランド化を目指す半田商工会議所が、観光組織「知多ソフィア観光ネットワーク」などに協力してもらい、観光庁の支援金で作った。
各酒蔵の歴史や特徴、杜氏のこだわりなどを豊富なカラー写真と記事で紹介。「日本酒が語れなければモテない」と題する豆知識コーナーや、半島で栽培される酒米「若水」の解説も載せた。
半島では最盛期に200を超える酒蔵があったとされるが、今は6つにまで減った。A5判 24㌻。



知多の酒蔵



銘柄

中埜酒造    国盛
盛田金しゃち酒造  金鯱
丸一酒造    ほしいずみ
原田酒造    若水
澤田酒造    白老
盛田       ねのひ

9月13日

地域の話題

明後日15日、日本で一番古い「敬老会」 半田市向山町 第90回向山区敬老会開催



★平成20年9月朝日新聞に掲載された、向山敬老会の歴史を伝える記事
(同年、11月発行の、向山コミュニテイ紙「コミュニテイ向山」に紹介)




  




9月12日
竹ちゃんのちょつと知っとこ

聖火掲げた感動 再然
東京五輪決定 
49年前の走者 常滑・畑中さん(68)

隊列組み1.7キロ完走
「次は応援する番」

◎2020年東京五輪・パラリンピックの開催決定に、1964(昭和39)年の東京五輪で県内を走った聖火ランナーの一人、元常滑市職員畑中敏和さん(68)=金山=も万感の思いでいる。日の丸を付け、沿道の大きな声援に背を押されるように走った49年前の感動は今もまざまざ。「7年後は自分が応援する番」。後輩の聖火走者の勇姿を今から楽しみにしている。
聖火走者に選ばれたのは、高校を卒業し、常滑市役所に就職して2年目の19歳の時。当時職場のバレーボールチームで頑張っていて、市体育協会が候補に推薦。小学校グランドでの試走を経て、トーチを持つ正走者に選ばれた。



★当時の半田高校生が走者、半田商高生3人が伴奏
  聖火ランナーのことについて、次のようなやり取りもあった。





  
9月11日
竹ちゃんの知っとこ

敬老会を前に・・・半田市の高齢者

★9月16日の「敬老の日」の前後に、市内各地で敬老会が行われます。
私は昨年までは公民館長として(今年は区長)、挨拶の中で、半田市の高齢者を引き合いに出します。
半田市に問い合わせてデータを取り寄せています。

半田市内の
最高齢者は、女性で104歳です。 男性の最高齢者は101歳です。
また、敬老会の参加者の対象となる75歳以上は、男性 4,511人 女性 7,037人で、圧倒的に女性が多いです。
また、半田市内平均年齢は(厚生労働省の統計数字から、今年発表になった平成22年時の国勢調査のデータを基にしたもの)
男性 79.6歳 女性 89.4歳です。

さて、自治区の最高齢者は何歳で、また、75歳以上の人数は 何人だろうか・・・

ちなみに自治区・半田市向山区の敬老会は、今年で90回目です。
おそらく日本本土内では、一番古い敬老会ではないかと思います。
9月10日
竹ちゃんの今夜はしんみり

10日放送 NHK歌謡コンサート
「心結ぶ女の人情演歌」を聴く


出演者と歌った曲



★今日の歌謡コンートは、ベテラン女性歌手が多く出演していた。
ただ、個人的には、こまどり姉妹だけは、勘弁してほしい。
先ごろ死亡した、藤圭子のヒット曲「圭子の夢は夜ひらく」を八代亜紀が唄う。





川中美幸が弦哲也と「二輪草」と「ふたり酒」をデュエットする。弦哲也は作曲家。作曲の先生が、歌手の領域まで入って来られては、現役歌手は、心穏やかではないかも。
でも、つい最近は、川中美幸と「今夜は乾杯」をデュエットしているが、さすが、いい曲です。




川中美幸「今夜は乾杯」 (You Tubeより転載)

★今夜は、しんみり、川中美幸の「ふたり酒」を聴きながら寝ることにしよう。
9月9日
竹ちゃんの独り言

機関誌「東栄」の原稿依頼

  
※「東栄」編集委員                              ※前号の「東栄」表紙


※前号「東栄」の本文 2頁分

★東栄会(東海東京FH・OB会)機関誌「東栄」の編集委員は、現在11人です。(理事長と事務局の2人を含めて。前回までは12人でしたが、8月にSさんが逝去されて、11人になりました)
原稿依頼者の選定から、原稿依頼、原稿入力まで、すべて自分達で行います。集まった原稿を9人で手分けして入稿をします。
機関誌のページ総数は平均70頁。寄稿者数は20人程度です。そのうち、東京関係が16人、名古屋関係が4人程度です。
原稿を依頼するときに、原稿の種類も聞くことにしています。①手書き原稿 ②パソコンで原稿を作るがプリントして送付する③パソコンで原稿を作り、メールで添付送信する
名古屋関係の原稿依頼者は、今回5人ですが、パソコンは皆さん持っておられるが、メールのやり取り程度で、原稿をパソコンで作成し、それを添付で送信する方法は分からない。ということで、全員が手書きの原稿用紙と云うことになりました。
ところで、画像を見ていただければ分かりますが、編集委員すべてが、事務局のMさんを除き、高齢者です。中には後期高齢者もおります。
編集会議でも会話で出るのは、医者通いの話ばかりです。「この前入院して、点滴を何本も打ってきた」とか「軽い脳梗塞を起こした」と云うような話題ばかりです。今年古希を迎える私は、編集委員の中では若い方です。
そんな「病気持ち」の高齢者達が、70頁の機関誌を作っているのです。
つい敬服したくなります。

9月8日
9月7日
市政ニュース

半田市 新亀崎幼稚園舎の設計変更
知らずに予算可決 一部市議「議会軽視」と反発
議会に半年伝えず 市長が謝罪

◎半田市亀崎幼稚園の建て替えをめぐり、市が新園舎を当初の2階建てから平屋に計画変更したにもかかわらず、このことを半年間、市議会に伝えず、一部議員が「議会軽視」反発している。市議会はこの間、2階建ての設計費を計上した予算案を可決していた。市側は落ち度を認め、関係者の処分を検討する方針だ。




半田市 幼稚園舎の設計変更
「一部市議には説明」 担当者が確認

◎半田市が亀崎幼稚園の建て替え計画の変更を市議会に伝えなかったとされる問題で、市は5費、「3月に開かれた常任委員会で一部の議員(※委員7人)に伝えていた」と、議会への説明を忘れたとする従来のの説明を訂正した。ただ、全議員に説明しなかった落ち度は認めている。





半田市 きのうの議会



9月6日
機関誌「東栄」(東栄会=東海東京FH・OB会)編集会議に出席
東海東京証券プレミア美術展「陶芸 背戸窯 加藤 令吉展」鑑賞する

◎6日、東京茅場橋(砺殻町)伊藤ビルで、機関誌「東栄」の編集会議が午前10時30分より行われ、私も名古屋編集委員として参加した。東栄会(東海東京FH・OB会)の機関誌で、年2回発行している。
編集会議のあと、日本橋にある、東海東京証券東京本社で開催されている、東海東京証券プレミア展「陶芸 背戸窯 加藤 令吉展」を鑑賞してきた。

  

  





 
9月5日
ふじまり情報

「2013 半田市民盆踊り大会」動画サイトYou Tubeで公開中!
◎8月17日に開催された「2013 半田市民盆踊り大会」の模様が、動画サイトYou Tubeで公開中です。

 



 
                                         前川さんの歌に合わせて、市長さんも踊ってみえます。

 
※市長の前で踊っている女性は、「半田だし丸くん音頭」を    ※画像の右の女性は「半田だし丸くん音頭」の踊りを
振り付けた、日本民踊会(豊翁会ゆたか会)の先生です。
       指導された、西川嘉葉先生です。



☆「幸せの時間」キーちゃんのブログより採録しました。





 
9月4日
半田市政ニュース

平成25年第5回半田市議会定例会開会

◎平成25年第5回半田市議会定例会が、3日開会された。
「市政に関する一般質問通告一覧」は次のようである。

9月3日(火)午前11時00分~

1.2番議員 沢田 清(創政会)
 1 半田が誇る新美南吉について
   (1) 新美南吉生誕100年記念事業について
   (2) 新美南吉の今後について

9月3日(火)午後1時00分~

2.17番議員 松本 如美(日本共産党)
 1 ヒアリンググループ(聴覚障がい者用磁気ループ)の整備について
   (1) 公共施設における聴覚障がいし支援の状況について
   (2) ヒアリンググループ機器の整備を求める
 2 介護保険事業の充実をめざして
   (1)本年度実施の「健康とくらしの調査」アンケートの実施要領はどういうものか
   (2)2007年6月議会の一般質問「生きがい・健康アンケート」における論点整理について
   (3)2003年時の調査データを経年変化として使用する根拠はないのではないか
   (4)高齢者の生活実態に合った調査や施策の推進を求める

3.21番議員 鈴木 好美(公明党)
 1 市民サービスの向上について
   (1) 証明書発行の現状について
   (2) 今後の対応について
   (3) コンビニ交付サービスについて
 2 高齢者の見守りについて
   (1) ひとり暮らしの高齢者の見守り、安否確認について

4.4番議員 鈴木 幸彦(創政会)
 1 雨水対策について
   (1) 豪雨による市内の浸水被害状況について
   (2) 浸水被害減少を目指した今後の対策について

9月4日(水)午前9時30分~


5.20番議員 山本 半治(公明党)
 1 公共施設の避難対策について
   (1) 災害発生時の対応について
   (2) 避難マニュアルの有効活用について
 2 省エネ対策について
   (1) リース方式によるLED防犯灯の導入について

6.7番議員 小出 義一(志民ネット)
 1 学校給食センターの広域化に関する展望について
   (1) 学校給食の広域化で何が変わるかについて
   (2) 広域化で実現すべき運営形態について
   (3) 広域化にむけた取組みについて

9月4日(水)午後1時00分~

7.6番議員 岩田 玲子(至誠クラブ)
 1 学校給食費について
   (1) 学校給食費の未納について
 2 半田市の財源について
   (1) 半田市の財源を大切に考えることについて

8.12番議員 山本 博信(無所属)
 1 文化施設のあり方について
   (1) 図書館・博物館のに今後について
 2 防災について
   (1) 堤防外の防災対策について
   (2) 家屋内の防災対策について

9.8番議員 小栗 佳仁(志民ネット)
 1 安全で災害に強いまちづくりについて
   (1) 災害情報発信の現状と課題について
   (2) 自治体のBCP(業務継続計画)の現状と課題について
   (3) 避難所運営の課題について

9月5日(木)午前9時30分~

10.山内 悟(日本共産党)
 1 JR武豊線について
   (1) 無人駅の拡大と半田駅を子会社へ委託することについて
 2 「税と社会保障の一体改革」路線の問題点について
   (1) 国民健康保険制度について
   (2) 生活保護行政について

11.1番議員 竹内 功治(志民ネット)
 1 半田市のいじめ対策について
   (1) いじめ対策の取組みについて

9月5日(木)午後1時00分~

12.11番議員 中川 健一(無所属)
 1 市長の経営失敗と責任逃避と言う問題点
   (1) 知多南部卸売市場は経営の失敗により、1993年9,560万円の増資に続き、2012年3月に市民の税金8,235万円で再び       増資したことについて  
   (2) 半田常滑看護専門学校の経営失敗によって、毎年約3,000万円の税金が無駄遣いとなっていることについて
   (3) 昭和55年に完成した雁宿小学校の池の上の人工地盤に作った校庭は建設当時、耐用年数100年間と言われていました。      しかし33年間程度で全面的にやり直しをすると言う経営の失敗について
   (4) 今後想定される経営の失敗、伊勢湾台風で水没した現在の場所に再建する新庁舎について
 2 半田市の人事制度は時代の変化に遅れすぎだ
   (1) 行政ニーズの高度化と専門化、自立した職員育成と言う方針逆行する人事異動のあり方について
   (2) 人材育成は監査委員から指摘を受けても研修予算すら増えておらず、お寒い状況だ
   (3) 持ち家の人でも、半田市外に住んでいても、もらえる住居手当とは、お手盛り手当てではないか
 
9月3日
街の話題

宮崎駿監督作品「風立ちぬ」とカブトビールの看板 
朝日新聞夕刊に話題記事

◎2日付の朝日新聞夕刊に、宮崎駿監督作品「風立ちぬ」とカブトビールの看板を話題にした記事が掲載されている。
「風立ちぬ」には、名古屋の街が描かれている。名古屋駅前の場面では「カブトビール」の看板も登場する。
旧カブトビール製造工場であった半田赤レンガ建物を管理する半田市企画課には映画公開後、「カブトビールはどこで買えるの?」という問合せが地元だけでなく、全国から寄せられるようになったという。
朝日新聞名古屋本社・社会部の記者から、2日昼頃、私の所に電話が入り、半田市のホームページに載っている、当時の名古屋駅に実在したカブトビールの看板の絵葉書を使わせてほしい、という依頼であった。
朝日の記者が半田市に問い合わせたところ、絵葉書の持ち主は、◆◆さんだから、本人の了解を取ってください。と言われて、私のところに電話が入った。
快く、いいですよ、と承諾しました。但し、半田市・竹内 進所有は入れてくださいと、注文しました。
※半田市のホームページには、「当時の名古屋駅に実在するカブトビール看板」というキャプションだけある。
本人に了解をとってないとすると、無断掲載になりますね。

朝日新聞の記事



半田市のホームページ
9月2日
青木美智男先生とお別れする会 案内状届く
◎日本福祉大学知多半島総合研究所(所長 福岡猛志)から、青木美智男先生とお別れする会の案内状が届いた。
案内状によれば、知多半島総合研究所顧問で、元日本福祉大学経済学部教授の青木美智男先生が、去る7月11日、石川県金沢市内の病院で、誤嚥性肺炎のため満76歳でご逝去されました。
このたび、ご縁のあった方々にお集まりいただき、先生の思い出やエピソードを語り合う「青木美智男先生とお別れする会」を下記の通り開催いたします。
ご多用とは存じますが、ご来臨賜りますよう、お願い申し上げます。
とあった。






9月2日
催し情報

第1回エイトフォーカスクラプ テーマ展
9月6日(金)~8日(日)  中電半田営業所ギャラリー わっと

◎多彩な趣きや枝の表現を魅せる"木" 大地に根ざし季節ごとに表情を変える"樹" 豊かさの"海" 花や鳥が憩う"河"をテーマとした作品展です。




9月1日
知っ得
成岩馬場(ばんば)の抱き地蔵


(半田市観光ガイド協会・広報紙「ぶらっと半田」第3号より再録)


街かど情報

成岩馬場の抱き地蔵盆行われる
9月1日 半田市有楽町3丁目 馬場の抱き地蔵尊堂広場
西成岩西組神楽保存会のお囃子、八木節奉納
猿回しのアトラクション  藤川まり子の歌謡ショー

 

  

  

トップページに戻る