竹ちゃんの遊ingライフ


          ニッポンの地ビール

北海道の地ビール

◆北海道

ブランド名 醸造所 住 所 電 話 U R L
網走ビール 網走ビール 〒093-0012
網走市南2条西4-1-2
0152-45-5100 http://www.ryuhyo.com/abashiribeer/
オホーツクビール オホーツクビール 〒090-0037
北見市山下町2-2-2
0157-23-6300 http://www.beers.co.jp/
大雪地ビール 大雪地ビール 〒070-0030
旭川市宮下通11-1604-1
0166-25-0400 http://www.ji-beer.com/
ふらのびいる 潟Aラタビル 〒071-0508
空知郡上富良町深山峠
0167-45-6667 http://tokachidake.com/beer/
富良野地麦酒 距B我独尊 〒076-0034
富良野市北の峰町20-29
0167-22-5599 http://doxon.jp/
くしろ港町ビール くしろ港町ビール 〒085-0846
釧路市入船4-1-1
0154-43-1122 http://www..kushiro-beer.com/
十勝ビール 十勝ビール 〒080-0011
帯広市西一条南9-6
0155-26-5959 http://www.tokachibeer.jp/
とかち晴れのきもち 椛ム広ビール 〒080-0026
帯広市西16条6-13-20
0155-36-8820 http://www.elpaso.co.jp/
石狩番屋の麦酒 鞄本地麦酒工房 〒061-3372
石狩市弁天町30-4
0133-62-5010 http://www.banya-beer.com/
札幌手づくり麦酒 泣Jナディアンブルワリー 〒065-0026
札幌市東区北26条東1-3-8
011-752-2550
http://www.2002cb.co.jp/
開拓使麦酒 且D幌開拓使麦酒醸造所 〒060-0032
札幌市中央区北2条東4丁目
011-252-8231 http://www.sapporo-factory.co.jp/
薄野地麦酒 薄野地麦酒 〒060-0806
札幌市中央区南6条西4-1-5
011-563-1100 http://www.susukino-jibeer.com/
小樽ビール 潟Aレフ 〒047-0261
小樽市銭函3-263-19
0134-61-2277 http://www.otarubeer.com/
小樽麦酒 北海道麦酒醸造 〒047-0006
小樽市有幌町2-1
0134-31-6555 http://www.hokkaidobeer.com/
おたるワイナリービール 北海道ワイン 〒047-8677
小樽市朝里川温泉1-130
0134-34-2181 http://www.hokkadowine.com/
北海道ビールピリカワッカ 轄k人舎 〒066-0012
千歳市美々987番地76
0123-46-5381 http://www.hokaido-hyakka.com/
ニセコビール 泣Oリーンプランニング 〒048-1521
虻田郡ニセコ町東山27-16
0136-44-3393 http://www.niseko-gp.com/
鬼伝説地ビール 鰍かさいも本舗 〒059-0463
登別市中登別町96-6
0143-80-2110
http://www.wakasaimo.com/
大沼ビール 潟uロイハウス大沼 〒041-1354
亀田郡七飯町大沼町208
0138-67-1611 http://www.onumabeer.co.jp/
はこだてビール 潟}ルカツ興産 〒040-0064
函館市大手町5-22明治館通り
0138-23-8000 http://www.hakodate-factory.com/beer/

東北の地ビール

◆青森県

梅香山崇徳寺
バイコードリンクB・S
バイコードリンクB・S 〒039-4602
下北郡大間町奥戸93
0175-37-3342 http://www11.ocn.ne.jp/~mzk2/
八戸シャトービール 合同酒精
八戸ブルワリー
〒031-0072
八戸市城下2-11-70
0178-71-1816 http://www.chateaukamiya.jp/kamiya/
奥入瀬ビール (財)十和田湖ふるさと活性化公社 〒034-0301
十和田市大字奥入瀬字堰道39-1
0176-72-3231 http://www.oirase.or.jp/

◆岩手県

平庭高原ビール 平庭高原ビール 〒028-8605
久慈市山形町来内20-13-152
0194-72-3013 http://www.hk-beer.com/
ベアレン 潟xアレン醸造所 〒020-0061
盛岡市北山1-3-31
019-606-0766 http://www.baerenbier.com/
盛岡ミニブルワリー 鰍さ開 〒020-0828
盛岡市大慈寺町10-34
019-652-3111 http://www.asabiraki-net.jp/
銀河高原ビール 東日本沢内総合開発 〒029-5703
和賀郡西和賀町沢内貝沼3-647-1
0197-85-5321 http://www.gingakogenbeer.com/
遠野麦酒・
ズモナビール
上閉伊酒造 〒028-0501
遠野市青笹町糠前31-19-7
0198-62-2002 www.v-toono.jp/kamihei/
みやもりビール 葛{守ブロイハウス 〒028-0303
遠野市宮守町鱒沢21-110-1
0198-66-2011 http://wasabi-beer.com/
いわて蔵ビール 世嬉の一酒造 〒021-0885
一関市田村町5-42
0191-21-1144 http://www.sekinoichi.co.jp/


ENCYCLOPEDIA OF WOMEN AND BASEBALL
(エンサイクロペディア オン ウーマン アンド ベースボール)

「世界の女子軟式野球の歴史」百科事典







日本編(日本女子野球史)著者
金城学院大学大学院 人間生活学研究科
教授 竹内 通夫

著者の紹介
●専門分野「幼児教育学」「保健学」「子どもの発達社会学」
<人間発達学専攻(前期)/人間生活学専攻(後期)>
名古屋大学大学院教育学研究科博士課程満期退学。アメリカ・ウィスコンシン大学客員研究員。博士(教育学)。研究業績として「現代幼児教育論史」などがある。日本教育学会、日本保健学会、日本子ども社会学会などに所属。
☆本書に関する問い合わせは、金城学院大学大学院・人間生活学研究科 竹内 通夫教授まで。
電話 052-798-0180

★竹内通夫教授は、2007年4月に、金城学院大学を退官され、現在名古屋女子大学に勤務されています。

「第1回フォト東栄会展」出品作品
東栄会(東海東京証券OB会)写真クラブ

第1回フォト東栄会展案内はがき 題名「石楠花で賑わう寺」
撮影場所・奈良室生寺
題名「回 廊」
撮影場所・奈良春日大社
題名「お花の下で」
撮影場所・名古屋市農業センター

「第2回フォト東栄会展」出品作品

第2回フォト東栄会展案内はがき 題名「亀崎潮干祭@山車曳き下し」
神前神社前海浜
題名「亀崎潮干祭A豪華絢爛」
神前神社前海浜
題名「亀崎潮干祭B勇壮」
神前神社海浜

有松の町並み・土蔵のある風景

切り絵「有松の町並み
(井桁屋)」
切り絵「土蔵のある風景
(服部邸)」
切り絵「土蔵のある風景」

TT会社OB会・機関誌「東栄」


(表紙絵・廣岡 輝一)


TT会社・社長のインタービュ記事(中日新聞)

     
東栄会西日本支部で挨拶する廣岡理事長        来賓で挨拶するTT会社社長

 
懇親会で歓談する、TT会社会長(左から2人目)・東栄会理事・TT会社社長

 去る5月下旬に私のホームページ「竹ちゃんのホームニュース」が、訪問者数2万人を数えました。平成15年6月に開設、3年で2万人はアクセスが多いのか少ないのかは、比較するものがないので判らないが、個人が情報発信する拙い頁に、これほどの方が関心を持って下さっていることに、心から感謝の気持を抱くと共に、ご期待に添える頁作りをしなければと肝に命じております。
 そもそもホームページを開設するきっかけとなったのは、パソコン講習会を受講してホームページ作りの基礎を習得したことからでした。
 せっかく覚えたのだから、何か役立つことはないかと考えてみました。そこで思いついたのが、私が以前に(昭和57年)上梓した「写真集・知多今昔―目で見る郷土の移り変わり」を題材にして、知多半島の歴史・伝統文化・自然・産業観光にスポットをあて、ビジター案内をしてみようということです。その後は領域を次々と増やしていきました。現在20項目のコンテンツがありますが、主なものを挙げてみますと、「知多半島が見えてくる」「歴史散策・紺屋海道の謎とロマン」「観光知多半島と吉田初三郎」「各駅停車・武豊線物語」「版画にみる知多四国霊場&知多半島ご利益散策」「再発見・知多半島」「知多半島の歴史」「知多半島の祭り」「半田赤レンガ建物&カブトビール」「カブトビール資料館」「半田郷土史だより」「童話の心・新美南吉」「ギャラリー『竹ちゃん』へようこそ」「竹ちゃんの游ingライフ」「竹ちゃんのおしゃべりサロン」なとであります。
 ホームページから意外な反響がありました。
 平成16年10月中頃、有名な劇団民藝演出部から一通のメールが入りました。カブトビールを小道具として使いたいという。現物でなくても当時の瓶とラベルを複製させてほしいということでした。12月公演「浅草物語」で、昭和12年の浅草を舞台にしたシーンにねカブトビールが登場しました。
 同じく12月には、月刊「コロンブス」という雑誌に「カブトビール」が取り上げられました。「ニッポンの産業遺跡」として「伝説のカブトビールが来春(17年)、満を持してリバイバル・デビュー」という見出しで紹介されました。当時のポスター・チラシ広告が何点か掲載されました。
 17年6月4日、半田赤レンガ建物内で、明治30年代当時の「カブトビール」が復刻発売されました。当時のラベルや文献・資料が大いに役立ちました。CTV(中京テレビ)では、復刻カブトビールの特集番組が制作されました。今やブログの女王と言われている、タレントの眞鍋かをりが「WAKU&WAKU」という番組で、その模様をリポートしましたが、ビールを飲むシーンはわが家で行われました。「カブトビール関連グッズ」をコレクションしているお宅を訪問し、そこで今回発売された「復刻カブトビール」一緒に飲むという構成でありました。
 ホームページを開設したことにより、マスコミやメディアからの取材・問合せが頻繁になりました。私にとっては予想だにしなかったこと。意外な方向に展開してきたと思っています。 (完)

     


神田神保町古書点全145軒完全ガイド

※上から書店名・住所・電話・URL・ジャンル・お店から一言※

■文学

荒魂書店
千代田区神田神保町1-11-2 天下一第2ビルF
03-3291-9393
http://www.aratama.com
文学、サブカルチャー
文学書の95%以上は初版本です。文学好きの方にはご満足いただけると思います。
海坂書房
千代田区神田神保町1-42 村上ビル1F
03-3292-7677
http://plaza14.mbn.or.jp/dream/~unasaka/
時代小説
藤沢周平さんの初版本などは入ってもすぐに売れてしまうので、ご迷惑をおかけします。
かわほり堂
千代田区猿楽町1-4 STビル102
03-3292-1623
http://kawahori.jimbou.net/
近代文学、和本、仏教、書道、美術
鏡花・荷風・谷崎を多く集めるほか、雪岱や清方英朋などの挿絵本、装丁本も揃えております。
巌南堂書店
千代田区神田神保町2-13 西塚ビル6F
03-3262-7233
http://www.gannando.com
司馬遼太郎・松本清張専門
司馬遼太郎と松本清張の著作に限定して3年目です。仕入れた先から売れてしまいます。
けやき書店
千代田区神田神保町1-9 ハヤオビル6F
03-3291-1479
なし
日本の近・現代文学、初版本
太宰治、佐口安吾など、無頼派のコレクションには定評あります。
古書すからべ
千代田区猿楽町1-4-4 STビル101
03-3233-8838
なし
文学、美術、趣味
江戸の和本や明治大正の翻訳本、銅版画などジャンルを問わず、古い本や刷り物を並べています
三茶書房
千代田区神田神保町1-1
03-3291-0453
なし
近代文学、全集、作家研究書、稀覯本
近代文学館の復刻シリーズをおいています。廉価で当時の作品を読むことができます。
田村書店
千代田区神田神保町1-7
03-3291-0563
http://www.tamurashoten.com
文学、詩、哲学、洋書
いい本は古びません。じっくりと一生つきあえる本を見つけていただけるようお手伝いをします。
西秋書店
千代田区西神田2-3-3
03-3262-2765
http://www1.ocn.ne.jp/~nishiaki/
文学
国語学から現代文学、児童文学など研究書が中心、作家さんもお忍びでお見えになります
日本書房
千代田区西神田2-8-12
03-3261-2744
現在作成中
国語、国文学専門店
国語、国文学の総合店でか。和本、全集、研究書、辞書など上代から近代まで幅広く揃えています
書肆ひやね
千代田区西神田2-10-2
03-3251-4147
なし
文学、豆本、限定本、伝統こけし
作家の肉筆関係を揃えた限定本シリーズが人気です。店内に並ぶこけしにもご注目下さい。
風光書房
千代田区神田駿河台3-7 新興ビル4F
03-3295-1116
http://www11.ocn.ne.jp/~fuukou/
ヨーロッパ人文系、日本文学ほか
なつかしい古本たち。ひもとけばそこに魂の風が吹き、はるかなひかりがながれます。
みわ書房
千代田区神田神保町2-3 神田古書センター5F
03-3261-2348
http://www.miwa-shobo.com
童話、絵本、児童文学の評論ほか
児童書の品揃えには自信があります。
八木書店古書部
千代田区神田神保町1-1
03-3291-8221
http://books-yagi.co.jp/antiq/
国語国文学、肉筆原稿、書簡類
古書店は、歴史を作る文化の中身を担っています。作家研究に役立ててください。
山口書店
千代田神田神保町2-48
03-3261-5782
http://www.yamaguchisyoten.com
赤本のほか受験参考書、近代文学ほか
三島由紀夫の研究書誌を店主自ら出版。品切文庫多数。受験参考書関係はほぼ何でも揃います
山猫屋
千代田区神田神保町1-20-3
03-3292-7471
http://www.koshonet.com/
近代文学、支那学、和歌、俳諧ほか
"精神生活豊かだった時代"の日本文学がここにあります。

■古典籍

大屋書房
千代田区神田神保町1-1
03-3291-0062
http://ohya-shobo.com
江戸時代の和本、古地図、浮世絵版画
江戸時代に出版されたあらゆるジャンルの書籍と浮世絵版画を扱っています。妖怪画も充実。
玉英堂書店
千代田区神田神保町1-1
03-3294-8045
http://www.gyokueido.com
古典籍、肉筆物、初版本、限定本ほか
1階は近代文学ほか古書全般、2階は稀覯本。WEB版玉英堂書店の世界も見逃せません。
沙羅書房
千代田区神田神保町1-32
03-3219-0470
http://www.sara-shobo.com
和本、古地図、歴史、伝記、地誌ほか
国文学や地誌に関する和本、江戸〜明治期の地図、アイヌ、琉球に関する文献を豊富に揃えております
松雲堂書店
千代田区神田神保町3-1
03-3261-6498
なし
漢詩、和本、漢籍
大学用の漢詩の教材も出版しています。書窓会にも参加しています。
誠心堂書店
千代田区神田神保町2-24
03-3262-5947
http://www.book-seishindo.com
和本、書道、文系学術書
自慢の書棚はもちろん、千代田区の「景観街作づくり重要物件」に指定された建物にも注目下さい。
古典版画東洲斎
千代田区神田神保町1―6 神保町サンビル1F
03-3259-1088
http://www.ukiyoe.com
浮世絵
安藤広重や葛飾北斎のオリジナル版画が1万円台から手に入ります。浮世絵は高くはないのです。
前田書店
千代田区神田神保町2-3神田古書センター4F
03-3261-7535
なし
古典籍、国文関係書
江戸・明治の本、古文書、国文関係研究書を中心に揃えています。
三田アート画廊
千代田区神田神保町1―10―1 IVYビル4F
03-3294-4554
http://www.mita-arts.com
浮世絵、現代版画、肉筆
オリジナルの浮世絵版画を多数取り扱っています。無料鑑定、買取りもしております。
山本書店
千代田区神田神保町2-7
03-3261-0847
なし
唐本、和本を中心に中国関係書全般
中国の糸とじ本(線装本/唐本)の在庫は日本屈指の質、量を誇ります。日本の糸とじ本も多数あり。

■歴史

慶文堂書店
千代田区神田神保町1-1
03-3292-0281
なし
歴史(日本史・東洋史)、郷土史ほか
店に陳列している何倍もの在庫か゜あり、研究機関や全国のお客様からのご注文に応じています。
五萬堂書店
千代田区神田神保町1-28 近藤ビル1F
03-5259-5765
http://gomando.jimbou.net/
歴史
日本史に関する学術研究書・文献・資料絶版書・私家版など入手困難なものを中心に扱っています
叢文閣書店
千代田区神田神保町1-9 大雲堂ビル2F
03-3233-2332
なし
書誌、歴史、民俗、東洋史、伝記ほか
東洋史、儒学関係の本をお探しの方はぜひ一度ご相談下さい。お役にたてるよう尽力します。
通志堂書店
千代田区神田神保町3-2 阿久沢ビル1F
03-3512-5637
http://homepage2.nifty.com/tsushido/
中国、アジア関係書全般
中国に関係した日本書、中国書をいろいろ揃えています。
とかち書房
千代田区神田神保町1-22 NTビル1F
03-3233-7474
http://www.e-furuhonya.net/
歴史、美術、絶版文庫、アイヌほか
良書を比較的安価にて販売。上野駅前松竹映画奥で「上野古書のまち」にも出店しています。
南海堂書店
千代田区神田神保町2-3-12
03-3262-0422
なし
歴史、社会学、哲学、農業、農村ほか
社会科学系をそろえる硬派な店として、神保町古書マニアから一目置かれています。
文華堂書店
千代田区神田神保町2-3-12
03-3262-0422
なし
近代史、日清戦争以降の戦争関係資料
戦争関係の資料をお探しの方に愛されてきました。今後も皆さんの期待に添えるよう努力します
六一書房
千代田区猿楽町1-7-1 高橋ビル1F
03-5281-6161
http://www.book61.co.jp
考古、歴史、民俗
新刊販売と出版が主力の考古学専門店。国内遺跡発掘報告書ほか中国などから直輸入した本も。

素顔のけいざいじん
東海東京証券会長 奥村 雅英さん

何事にも怯まず、拘らず
激動の社長業11年 黒字の大切さ実感

        

2005年5月23日付中部経済新聞


万龍をモデルにした「カブトビール」ポスター

江戸東京たてもの園・東ゾーンの鍵屋(居酒屋)に掲示

 

  

 私の所属する会社OB会(東栄会・本部東京)の先輩から、次のようなメールが入ってきた。
「東栄会の歩こう会で、都内の小金井公園などを歩きましたが、小金井公園の中に、「江戸東京たてもの園」というのがあります。種々な古い建物が移築されており、その中に「鍵屋」という飲み屋がありました。何の気なしに見ていましたら、「竹ちゃん」のホームページで何時も目についていた「カブトビール」のポスターが張ってありました。添付写真がそれです(上)。

 その翌日に、同じ東栄会の勝部理事長からも、鍵屋のポスターなどの画像を頂戴した。(下の写真2枚。勝部理事長は、以前NHKのキャスターを勤められていた、勝部キャスターのお兄さんです。) 品書き(メニユー)が懐かしい。冷奴60円、ゆどうふ80円、とりもつやき60円、とりもつなべ100円、味噌おでん60円、ところてん50円、雀やき・二羽150円。他にうどん30円、ラーメン50円など。昭和30年代の物価の一端が偲ばれる。

●東京都小金井市桜町(都立小金井公園内)にある「江戸東京たてもの園」は1993年に、江戸東京博物館の分館組織として開園。現地保存が不可能となった近代の建造物を移築・復元している。「西ゾーン」「センターゾーン」「東ゾーン」とある。
●「西ゾーン」に常盤台写真場・吉野家(農家)・八王子千人同心組頭の家・前川国男邸・田園調布の家(大川邸)など、「センターゾーン」にビジターセンター(旧光華殿)・高橋是清邸・会水庵など、「東ゾーン」に天明家(農家)・小寺醤油店・子宝湯・武居三省堂(文具店)・万世橋交番・丸二商店(荒物屋)・川野商店(和傘問屋)など。鍵屋(居酒屋)は東ゾーンにある。
●収蔵建造物の一つ「鍵屋」は1856(安政3)年、酒問屋として建てられたと言われています。居酒屋として営業を始めたのは1949(昭和24)年のことです。以来ご主人の正直な商売と人柄にひかれて多くの人が通いました。(江戸東京たてもの園」公式ホームページの紹介より)
●平成9年3月4日〜4月13日に特別展「下町の居酒屋−昭和30年代の人びとと鍵屋−」が開催されている。本展では、この鍵屋を題材として、酒問屋としての鍵屋から居酒屋鍵屋、鍵屋に通った人々、そして多くの人に愛された主人清水幸太郎氏のことなどが採り上げられた。
●「鍵屋」に掲示されているポスターは、2000年2月13日に発行された「週刊20世紀」の≪1913−1914・広告と生きた世紀≫に掲載された。「大正2・3(1913−1914)年、引っ張りだこの赤坂の名妓・万龍(三越百貨店と同じモデル)にトレードマークの兜を持たせたポスター。鍵屋所蔵」と説明がされている。


                                                                   平成16年8月7日(土)
神奈川県立歴史博物館

特別展「旧横浜正金銀行創建100周年」見学記

◎8月7日(土) 名古屋発7時36分新幹線「のぞみ」に乗車。。9時00分、新横浜に到着。
 JR横浜線に乗り換え、「桜木町」で下車。「桜木町」と言えば、わが国初の鉄道「新橋(汐留)〜横浜(桜木町)間」が開通した発祥の地である。しばし思いを寄せる。9時50分、「神奈川県立歴史博物館」に到着。駅から徒歩8分の場所にある。
◎当初は、せっかくのことだから、オープン初日の7月24日(土)に参観したかったのであるが、都合がつかず、8月1日(日)の記念講演会(「旧横浜正金銀行本店建築の建築史的位置」)か
8月7日(土)の「旧横浜正金銀行本店本館建物公開」のいずれにしょうかと迷いつつも、結局この日の訪問となった。
◎10時30分より、学芸員の説明と案内により、地上3階地下1階の建物の内部を見学。建物のシンボルである「屋上ドーム」の中にも入ることが出来た。ドームにはいくつかの装飾が施されているが、なかでも目を引くのが、八角形の各辺の隅を飾る不思議な「魚」の装飾。日本の城郭建築を飾る「シャチホコ」にもよく似たこの「魚」の正体は、ドルフィン、つまりイルカであるという説明があった。
◎館内にある喫茶室で昼食を済ませ、「特別展」の見学をする。午後1時半頃、「只今より、館内ボランティァによる展示案内を行います。ご希望の方は、特別展示室入口にお集まりください。」という場内アナウンスがある。約1時間、展示品の説明と案内を受けた。
◎そのあと、博物館から約10分の所にある、「横浜赤レンガ倉庫」に立ち寄る。横浜新港ふ頭は明治の技術の粋を集めて築造された埠頭であり、赤レンガ倉庫はその埠頭の上屋施設として1907年(明治40)に着工された。倉庫としての役割を終えた後も、横浜のシンボルとして静かに佇んでいたが、歴史的文化遺産として、平成4年3月横浜市が国から取得。
 「港の賑わいと文化を創造する空間」を事業コンセプトとして、市民が憩い、賑わう空間の創造事業をスタートさせ、2002年4月に新たな文化・商業施設としてオープンしたものである。
 「横浜でいちばんCOOL(落ち着いた・涼しい)な場所がここにある。」がキャツチフレーズ。
◎新横浜で、17時09分の新幹線「のぞみ」博多行に乗車。18時33分名古屋到着、JR武豊線に乗り換えて、20時無事わが家に到着。

特別展 重要文化財旧横浜正金銀行本店本館創建100周年記念

横浜正金銀行

-世界三大為替銀行への道-


8月7日 竹内 進撮影

 特別展示品コーナー

☆展示品コーナーは、次の5章から構成されている。
 第1章 横浜正金銀行本店の100年
      1.本店の新築
      2.関東大震災と復旧
      3.銀行から博物館へ
      4.絵はがきにみる横浜正金銀行
 第2章 明治建築界の巨頭・妻木頼黄
      1.足跡
      2.作品
      3.相馬永胤との交流
 第3章 明治期の横浜正金銀行
      1.横浜正金銀行の創設と経営展開
      2.横浜正金銀行条例と経営発展
 第4章 大正・昭和期の横浜正金銀行
      1.世界三大為替銀行へ
      2.震災と恐慌の嵐を越えて
      3.戦時下の横浜正金銀行
      4.横浜正金銀行から東京銀行へ
      5.横浜正金銀行主要店舗一覧
 第5章 旧横浜正金銀行資料コレクション
      1.日本国及び諸外国の貨幣紙幣類
      2.横浜正金銀行調査部図書

半田市の赤レンガ建物などの展示

☆半田市の赤レンガ建物に付随する赤煉瓦・建物建設当時の棟札・カブトビール看板などの展示品は、第2章のコーナーにある。
 「明治建築界の巨頭・妻木頼黄」 1.足跡 ■その生涯 ■工部大学校からアメリカへ ■明治建築界の巨頭へ 2.作品 ■その主要作品 ■妻木とビール工場 ■洋風から和風まで

 妻木とビール工場
 大阪麦酒吹田工場全景(明治30年頃)・日本麦酒製麦場(明治30年頃)の写真、大阪麦酒吹田村醸造諸部材赤煉瓦などと隣り合わせに展示されている。


半田赤レンガ建物・赤煉瓦・棟札・看板などの展示

 出品目録

番号 資 料 名 出 典 年 代 法 量 点数 所 蔵
106 半田赤レンガ建物・旧カブトビール工場
(旧丸三麦酒鰹造工場) <パネル>
    1898建築
2004.3撮影
半田市企画課
107 丸三麦酒鰹造工場棟札 1898.10 1500×310 ミツカングループ本社
108 丸三麦酒鰹造工場部材 赤煉瓦(ブロック)  1897頃 446×445×厚105 半田市企画課
109 丸三麦酒鰹造工場部材 赤煉瓦(岡田煉瓦製造製) 1897頃 200×108×x厚54 半田市企画課
110 カブトビール琺瑯製看板 大正時代 1205×220 個人
111 カブトビール瓶   大正時代 高230×径62 個人
112 加富登ビール手鏡 大正時代 88×42 個人
113 カブトビールジョツキ 大正時代 高124×径60
高120×径70
個人
122 半田赤れんが建物の防火床<パネル> 2004.3撮影 半田市企画課

  展示品図録

    

明治建設界の巨頭・妻木頼黄(つまきよりなか)

 横浜正金銀行本店を設計した工学博士・妻木頼黄は、日本銀行本店(1896年)・東京駅(1914)
などを設計し、工部大学校・工科大学(いずれも東京大学工学部の前身)教授を務めた辰野金吾、宮内省にあって奈良帝室博物館(1894年)・赤坂離宮(1909年)などの宮廷建築を手がけた片山東熊と並んで、「明治建築界の三巨頭」のひとりに数えられる。本章(第2章)では、明治を代表する建築家であった妻木の生涯と、現存する建築物を中心にその建築作品の一端を紹介したい。
 妻木の設計になる建築としては、東京府庁舎(1894年)・広島仮議院(94年)・日本勧業銀行本店(99年)・横浜新埠頭1号・2号上屋(1913・1911年)・日本橋(11年、意匠設計)などを挙げることができる。また、興味深いところでは、臨時建築局時代のドイツ留学の経験をいかしたものか、大阪麦酒・日本麦酒・丸三麦酒という3ビール会社の工場の設計にも携わってもいる、。ちなみに今日でも目にするビヤホールという呼称も、大のビール党であった妻木の命名によるものだった。このように,明治政府の営繕官僚のトップとして、数多くの官庁建築に関わったほか、その仕事の傍らで、民間からの依頼による設計もこなしていたのである。以上のような業績の中でも、横浜正金銀行本店は完成度の高さから、妻木の代表作と位置づけることができよう。
 ( 以下省略 )

□妻木とビール工場
 ドイツ留学の経験から、妻木はビール工場の建築にも造詣が深く、また自身も大のビール党であったという。妻木が関わったビール工場の建築には、「アサヒビール」の大阪麦酒会社吹田村醸造所(1890年)・「ヱビスビール」の日本麦酒株式会社製麦場(1895年)・「カブトビール」の丸三麦酒株式会社醸造工場(1898年、現半田赤レンガ建物、愛知県半田市)がある。
 (以下省略)

 図106(半田赤レンガ建物・旧カブトビール(旧丸三麦酒鰹造工場)2004(平成16)年3月撮影)は、妻木設計の1898(明治31)年創建の建物と、以後3度にわたって増築された建物からなる。創建時の棟札(図107・丸三麦酒株式会社醸造工場棟札1898(明治31)年10月、同左(部分拡大)には、「設計技師 米国工学士 妻木頼黄」の名前をみてとることができる。5階建の部分や骨組みの木材がみえるハーフティンバー(木骨煉瓦)構造の箇所が、創建時の建物である。ハーフティンバー部分からは、ドイツ派と称された妻木のイメージとは趣を異にした素朴さが感じられる。戦後はコンスターチ製造工場の一部となっていたが、1996(平成8)年に半田市が土地・建物を取得している。このほど、国の登録有形文化財となることが決定した。
 2000年に行ったハーフティンバー部分の改修工事の際に撤去された創建時の赤レンガ(岡田煉瓦製造製)には、「イ四」の刻印がみえる。(図108・丸三麦酒株式会社醸造工場部材 赤煉瓦(ブロック)1897(明治)年頃 図109・同左 赤煉瓦(岡田煉瓦製造製)1897(明治30)年年頃)。ここで製造された「カブトビール」(図110・カブトビール琺瑯製看板 図111・カブトビール瓶 大正時代)は、愛知県を中心に全国に販路を拡大し、業界内で一定の地位を確保した。

                     
図107 丸三麦酒鰹造工場棟札      図108 丸三麦酒鰹造工場部材 
1898(明治31)年10月             赤煉瓦(ブロック) 1897(明治30)年頃                
 図109 同上 赤煉瓦(岡田煉瓦製造製)   図122 半田赤レンガ建物の防火床
 1897(明治30)年頃                2004(平成16)年3月撮影

         
図99 大阪麦酒叶%c工場全景       図105 日本麦酒叶サ麦場
1897(明治30)年頃                1895(明治28)年建築
                            1897(明治30)年頃撮影
                
図101 大阪麦酒叶%c村醸造所      図102 同左 赤煉瓦(第一煉瓦会社製)
部材 赤煉瓦(関西煉瓦会社製)        1890(明治23)年頃
1890(明治23)年頃

妻木式工法・防火床
 ここでは、妻木が設計した現存する建築物にみられる「防火床」のさまざまな姿を紹介しょう。
 ここにみられるように、下の階の天井面としてあらわれる部分に木材を使用しない床を、「防火床構造」と呼ぶ。床を支える梁には、アルファベットのI 字形をしたI形鋼(Iビーム)という鉄骨を用い、そのI形鋼で作られた梁と梁の間は、煉瓦や鉄板によるアーチ状の湾曲として、その上からコンクリートを打設したものである。同じ構造の床であるが、アーチの仕上げ方法によって、その外観は大きく異なったものとなる。
 (以下中略)
 この他にも、半田赤レンガ建物は、「迫持」の赤煉瓦の表面をモルタルで上塗りした仕上げとなっており(図122・半田赤レンガ建物の防火床 2004(平成16)年3月撮影)、酒類総合研究所東京事務所は、「迫持」の赤煉瓦、横浜赤レンガ倉庫2号館では、海鼠鉄板がそれぞれ幾重にもわたる美しいアーチを形づくっている。
 防火床は、煉瓦造建築でよく用いられた工法であったものの、残存例はそれほど多くはない。碇聯鉄構法は妻木が得意とした工法で、その施工例の多さから別名「妻木式工法」と呼ばれるが、防火床はもうひとつの妻木式工法ということができるだろう。
 


              竹ちゃんのHP「写真展」

「蓮の花」 東山公園・東山植物園
平成15年6月17日 東栄会写真部撮影会で
「秋櫻花」 山中湖畔「花の都公園」
平成15年10月5日 八満会の旅行で
「かもの親子」 山梨県忍野八海池 
平成15年10月5日 八満会の旅行で
「しだれ梅」 津市結城神社
平成16年3月3日 JSs-net2002親睦旅行で
「駒つなぎの桜」 下伊那郡月川温泉郷
平成16年4月21日 JS・あゆちの家有志で
上半田の祭「山車とちんとろ舟」 住吉神社前
平成16年4月11日昼撮影
「名古屋城と桜」 名古屋城内
平成16年4月1日 東栄会写真部撮影会で
半田の春まつり「ちんとろ祭・子供三番叟」
住吉神社宮池 平成16年4月10日夜撮影



「半田運河に泳ぐ鯉のぼり」 
平成16年5月1日 「蔵のまち端午の節句」で
半田の春まつり「亀崎潮干祭」
上段・神前神社前坂下ろし 下段・浜曳き回し
平成16年5月5日午後2時30分
「夜咲く花・紅孔雀」
平成16年5月20日 夜10時頃 自宅の玄関先で
「わが家の愛猫・ルナ」
平成16年5月21日 夜8時頃 自宅の部屋にて
「上手く撮れた?」
平成16年11月19日 中日写真協会半田支部「京都嵐山撮影階会」
嵯峨野・常寂光寺にて
「きれいね」
データ左に同じ。写真のモデルは偶然に、お寺で出会った東京の女性。二人は会社の同僚で、この和服姿は、レンタルだとか。

トップへ戻る